ブログ

法人口座開設をスムーズに進めるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社設立

法人口座開設について

設立登記が完了し、いざ法人名義の銀行口座を作ろうと思ったが手続きに困ってしまったという話を聞きます。
今日は、何度も銀行へ足を運ばずに法人名義の口座開設手続きをスムーズに進めるにはどうしたら良いかをお話します。

法人の口座開設を断られる可能性がある!

まず、法人名義の口座の場合は、口座開設を断られる可能性があることを知っておいてください。
これは、振込詐欺等が横行している昨今、銀行側のチェックが厳しくなっているためです。
では、どのような場合、口座開設を断られる場合があるのでしょうか。

【1】資本金の額が低すぎる場合
会社法改正後、会社は資本金1円から作ることが出来るようになりました。
しかし、資本金の額が低すぎると、「事業をする上での最低限度の資金を準備していない会社」と判断され、
口座開設を断られる場合があります。
銀行によって資本金の最低額は違うようです。
あらかじめ銀行に確認してから会社を作ることをお勧めします。

【2】事務所の実態がない場合
オフィススペース自体が無いケース(バーチャルオフィス)や固定電話が無いケース等、
事業の実態が不明であるほど口座開設を断られる可能性が増えます。
地方銀行より都市銀行での口座開設のほうがよりチェックが厳しいようです。
オフィスをしっかり整えて口座開設を行いましょう。

【3】事業目的が不適切な場合
会社目的から、一体何をしている会社なのかがわからない場合、HPや契約書、具体的な資料等の提出を求められることがあります。
HPや顧客との契約書、サービスが分かる資料などがあれば用意しておきましょう。
また、銀行が怪しむような事業目的が書いてあると、口座開設を断れる場合がありますので、要注意です。

口座が出来るのにどれくらいかかる?

口座開設の為銀行へ行った後、銀行内の審査で1~2週間かかります。
会社設立の日から3週間~4週間後に口座が出来ると思っておいてください。
会社を設立して早い段階で入金がある場合は、早めに法人口座開設手続きを行いましょう。

法人口座開設に必要な資料は?

一般的に法人口座開設に必要な書類は以下の通りです。
銀行によっては、異なる場合がありますのであらかじめ銀行に確認しましょう。

① 口座開設依頼書(銀行に備え付けている用紙です。)

② 登記事項証明書(会社謄本)
法務局で取得します。設立登記を司法書士さんに頼んだ場合は、司法書士さんに取得してもらうとスムーズです。

③ 会社の定款(認証を受けたもの)
公証役場で認証を受けた会社の定款が必要です。

④ 法人の印鑑証明書
法務局で取得します。設立登記を司法書士さんに頼んだ場合は、司法書士さんに取得してもらうとスムーズです。

⑤ 代表者印(法人の代表者印)
⑥ 銀行印(銀行に登録する印鑑)
⑦ 本人の身分証明書

当事務所に出来ること

当事務所は、これまで数多くの設立手続きに関わらせて頂きました。
併設する税理士事務所・社労士事務所と共に、
会社設立手続きから、設立後の税・労務管理・契約書作成・許認可等の手続きまでしっかりサポートさせて頂きます。
会社設立を考えておられる方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!