ブログ

合同会社のメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社設立

合同会社とは?

合同会社(LLC)とは、出資者全員が間接有限責任社員によって構成されます。
個人事業主や、合資会社・合名会社の場合、倒産すると無限に責任を負うことになりますが、
合同会社は株式会社と同様に「間接有限責任」となります。

今後スモールビジネスを運営し、会社設立費用を抑えたい方には、合同会社はお勧めです。

合同会社のメリット

1.間接有限責任
出資した範囲内でのみ責任を負います。
無限に責任を負うことはありません。

2.設立費用が安い
定款認証費用(株式会社の定款なら52,000円程度)が不要で、
会社設立の際に支払う登録免許税も、株式会社より9万円安いです。
但し、電子定款ではなく紙の定款を作成する場合は、印紙税40,000円が必要です。

3.一人でも会社が作れる

4.決算公告が不要
株式会社の場合、毎年決算公告を掲載する必要がありますが、(数万円の費用がかかります。)
合同会社は今のところ不要です。

合同会社のデメリット

1.社会的認知度が低く、社長は「代表取締役」ではなく「代表社員」
代表取締役と名乗りたい方は、株式会社を設立しましょう!

2.株式公開が出来ない
将来的に会社を大きくしたい場合に、株式公開が出来ない為、問題が生じます。

3.社員同士で対立が起きると、意思決定がストップする可能性がある

当事務所が出来ること

当事務所では、あなたに最適の会社形態を提案します。

また、併設する税理士事務所・社労士事務所と共に

会社設立後の、税・労務管理・契約書作成・許認可等設立後の手続きまでしっかりサポートさせて頂きます。

会社設立を考えておられる方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!