ブログ

会社設立、誰にお願いしたら良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社設立

会社設立、誰にお願いしたら良い?

 

『会社設立』と検索すると、様々な士業のHPが表示されます。

会社設立の手続きは、誰にお願いしたら良いのでしょうか。

設立後の税金、保険手続き、許認可のスペシャリストに任せましょう。

会社を設立する為には、会社名や会社の目的、発行する株式の数や資本金等決定しなければならないことが多々あります。

代表者が自由に決めてもよいですが、設立後に許認可(建設業許可、古物商許可、宅建業許可、飲食業許可・・・)が絡む場合には、

こういった風に目的に記載してください!とか、資本金はいくら以上!等といった要件が許可の手引きに書かれていたりします。

せっかく会社を作ったのに、求められている目的が書かれておらず、

作った後に『目的変更』をせざるを得ないというケースがあります。(目的変更は、法務局に対し3万円の登録免許税を納付して申請する必要があります。)

設立後の許認可まで考えて会社設立手続きを依頼するには、許認可のスペシャリスト『行政書士』がベストです!!!

また、設立時期や資本金額、決算期の決定には、税理士のアドバイスを聞いたが良いですし、

設立後従業員を雇う場合には、設立前に『社会保険』『労働保険』の保険料のシュミレーションを社会保険労務士に行ってもらうのが良いでしょう。

当事務所が出来ること

 

当事務所は、

どんな会社を作りたいのか

会社を作った後どのような会社展開をしていきたいのか

等々をお客様の想いをヒアリングし、設立後の許認可、会社の将来までしっかり考えた最適な定款を作成します。

併設する税理士事務所・社労士事務所と共に

税、労務管理、契約書作成、許認可等設立後の手続きまでしっかりサポートさせて頂きます。

会社設立を考えておられる方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!