ブログ

一般社団法人とNPO法人の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社法人設立

一般社団法人とNPO法人の違いとは?

今日は、よく問い合わせを頂く『一般社団法人とNPO法人の違い』についてお話します。
以下の二つの法人の比較表を確認してみましょう。

 一般社団法人NPO法人
設立にかかる期間2~3週間3~5ヵ月
設立に必要な社員数社員2名以上社員10名以上
設立に必要な役員の数理事1名以上理事3名以上
監事1名以上
役員の親族規定なしあり
設立にかかる実費約11万2000円なし
活動の制限特定非営利活動のみ特に制限なし
所轄庁への事業報告義務なしあり
情報公開の義務なしあり
対象となる補助金の種類NPO法人よりは少ない多い
税制上の優遇措置非営利型であればNPO法人と同じ税法上の収益事業のみ課税
認定制度公益認定制度あり認定NPO法人制度
公益性公益というより、共益性が強い強い

一般社団法人とNPO法人のメリット・デメリットとは?

【一般社団法人のメリット】

◇設立にかかる時間、人が少ない
◇役員に入れてよい親族の人数に制限がない
◇活動内容に制限がない
◇活動内容を外部に開示する義務がない

【一般社団法人のデメリット】

◇設立に費用がかかる
◇NPO法人と比べ、補助金等が少ない
◇非営利型でなければ、税法上の優遇が無い

【NPO法人のメリット】

◇設立に費用がかからない
◇補助金等が多い
◇税制上の優遇がある
◇公益性から法人の印象が良い

【NPO法人のデメリット】

◇設立に時間と人が多く必要となってくる
◇親族を役員に入れる場合に制限がある
◇活動内容に制限がある
◇所轄庁への情報公開義務・事業報告義務がある

簡単にまとめると、
設立に時間がかかるが、優遇を受けやすいのはNPO法人、
設立費用はかかるものの、スピーディーに法人設立ができ、活動に制限が無いのが一般社団法人です。
メリット・デメリットを知ってから設立準備をしましょう。

当事務所に出来ること

当事務所は、これまで数多くの設立手続きに関わらせて頂きました。
併設する税理士事務所・社労士事務所と共に、
会社・法人設立手続きから、設立後の税務署への届出、保険関係の届出、税務顧問、労務管理、許認可等の手続きまでしっかりサポートさせて頂けます。
会社・法人設立、設立後の手続き等で悩んでおられる方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!