ブログ

株式会社、合同会社、一般社団法人などの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

会社設立

株式会社、合同会社、一般社団法人などの違いは?

世の中には、様々な法人形態があることをご存知でしょうか。
起業したい!と思ったら、自身に最適の法人形態を知り、しっかり準備することをお勧めします。
今日は、様々な法人形態についてお話します。

株式会社とは

会社、と聞いて一番有名なのが『株式会社』かと思います。

株式会社とは、細分化された社員権(株式)を有する株主から、
有限責任の下に資金を調達して、株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当する、『法人格』を有する企業形態です。


株式を所有する株主が意思決定を行い、経営者に事業を任せ、利益が上がったら配当を受け取ることが出来る形態です。
会社の定款の目的に掲げた事業の営利を追求します。

株式会社を作る時には、自身で手続きを行っても最低25万円はかかります。
しかし将来的には上場することも可能で、事業拡大には最も適した法人形態です。
活動内容に制約がなく、出資等の資金調達に適しており、機動的な組織運営や意思決定が可能です。

合同会社とは

合同会社(LLC)とは、中小企業に適した会社形態とされています。
アメリカでは株式会社と同様に広まっています。
株式会社と違い、設立費用が安く(自身で手続きを行うと6万円程度)、初期費用を抑えて法人格を持って起業することが出来ます。
また株式会社は多く出資している方が事業運営に影響を与えますが、
合同会社は、出資比率に関わらず利益配分について定款で自由に定めることができ、社員は1人1票の議決権があることが特徴です。

一般社団法人とは

一般社団法人とは、簡単に言えば『人』の集まりです。
一定の手続き及び登記さえ経れば、主務官庁の許可を得ずに誰でも設立することができます。
株式会社や合同会社と違い非営利法人(利益を追求しない)です。
非営利法人ですが、収益事業を行うことが可能です。
ただし営利法人である株式会社や合同会社と異なり、
設立者に剰余金または残余財産の分配を受ける権利を与えることはできません。
1人で設立することは出来ず、2人以上の社員によって設立することが出来ます。
協会ビジネスや行政との連携に適した法人形態です。
設立費用は、株式会社と同様に自身で手続きを行っても最低25万円はかかります。

料金表はこちら

当事務所に出来ること

当事務所は、これまで数多くの設立手続きに関わらせて頂きました。
併設する税理士事務所・社労士事務所と共に、
会社設立手続きから、設立後の税・労務管理・契約書作成・許認可等の手続きまでしっかりサポートさせて頂きます。
会社設立を考えておられる方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!