ブログ

預貯金を相続するときに知っておいてほしい5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。
今日は、相続財産の中でも預貯金を相続する場合の注意点、預金を相続するときに知っておくべきポイントについてお話します。

預金を相続する場合の注意点と金融機関への相続手続きについて

亡くなられた方の財産の中に、金融機関預けられていた預金がある場合、どのように扱えば良いか、勝手に下ろしてしまって良いのか等とお悩みではないでしょうか。
預貯金は相続遺産になるため、遺産を分割する際の対象となります。
相続が起こると、まず口座にいくら預金されているのか、亡くなった日時点で残高がいくらあったのかを確認します。
その上で、誰がいくらもらうかという遺産分割の話し合いをおこないます。
分割の話し合いが終わったあとに、通帳と印鑑を持って亡くなった人の預金を下ろしに行ったとしても、預金を下ろすことができません。
なぜなら、金融機関は名義人が亡くなられたことを知ると「口座の凍結」をするため、所定の手続きをしないとお金の出し入れができなくなる為です。
預貯金を相続する際はどのようなことを知っておかなければならないのでしょうか。
以下、ご説明致します。

預金を相続するときに知っておいてほしい5つのポイント

【1】名義人が亡くなると預金口座は凍結され自由に入出金ができなくなる
口座名義人が亡くなられたことを金融機関が知ると、金融機関はその預金口座に対する入出金の取り扱いが出来なくなるよう「口座を凍結」します。
口座が凍結される理由は、誰かが相続財産の分割の話し合い結果に関係なく勝手にお金を引き出してしまうなど、相続人同士のトラブルを回避するためです。
預金を相続することになった相続人の方は、書類提出等の手続きをとることで凍結された口座の預金を受け取ることができますのでご安心ください。

【2】口座が凍結すると自動引落が滞ることに注意
口座が凍結されると、水道やガスなどの公共料金、携帯電話の料金など自動引落となっているものの支払いも出来なくなります。
口座が凍結したことで未払いが発生しないように、すみやかに各社へ契約者の名義変更手続きや解約をしましょう。

【3】亡くなられた方に借金がある場合は預金に手をつけてはいけない!
亡くなられた方に借金があった場合は、預金を引き出してしまうと原則「相続放棄」が出来なくなってしまいます。
相続遺産となる預金を一部でも使用すると、「相続することを承認した」と捉えられてしまうからです。
預金を使わず引き出しただけでも、相続することを承認したと取られるのです。

借金があるかどうか分からない場合は預金に手をつけないこと、
そして財産の分割は、借金などのマイナスとなる財産を含めたすべての財産を把握してからするということが重要です。

【4】葬儀費や入院費などは口座が凍結されても例外的に引き出せる
すでに記載のとおり名義人が亡くなられると口座が凍結され自由に入出金ができなくなりますが、名義人が亡くなられたことに伴う葬儀費の必要なお金については金融機関に相談をすることで下ろすことができる場合があります。下ろせる金額の限度は金融機関により異なりますので、口座がある金融機関に相談してみましょう。
葬式費用や入院費用などの支払いは急に発生するため、ご家族の誰かが一時的に立て替えて支払うケースが多いです。
実際に使用したお金の使用用途と金額が明確に分かるよう、メモや日付の入った領収書をしっかり保管しておきましょう。

【5】預金通帳やキャッシュカードを探して漏れがないように気をつける
亡くなられた方がどの金融機関に口座をお持ちでどれだけのお金が預けられているかについて、ご家族が把握されていないケースが多々あるかと思います。
また、金融機関の口座は一つだけしか持っていないと思っていたところ、実際は別の金融機関で二つ目、三つ目と口座を持っていたという話もよくあります。
複数の口座があって見つけられないケースや、ネットバンク(楽天銀行等)のため通帳もカードも無く見つけられない場合もあります。
口座があることに気が付かず相続税の申告を行った場合や、意図的に口座があることを隠して申告した場合には、
延滞税などのペナルティを受けることになりますので注意しましょう。
そうならないためには、亡くなられた方の財産を把握することはとても重要です。
相続が発生したら、ご自宅で預貯金通帳を探してみましょう。金融機関からの手紙などが無いかも確認してみましょう。
ネットバンクの契約があって通帳もカードも無いため発見できないこともあります。
ネットバンクについては、パソコンやスマートフォンを確認してみましょう。

亡くなられた方の銀行預金を放置すると、最後の取引から10年が経過すると、金融機関がその口座を「休眠口座」として扱い、通常の手続きでは入出金ができなくなってしまいます。
そのため、相続の際に手続きが増えたり、預金を相続するはずであったご家族が相続前に亡くなってしまい、次の相続での手続きが煩雑になるなど、とても面倒なことになります。
預金の相続は早めに行いましょう。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きのサポートをさせて頂いております。
相続人調査、預貯金の解約・名義変更手続き、財産調査、遺産分割協議書の作成までお任せください。
併設している税理士事務所・社労士事務所と共にご相談を伺うことも可能です。
相続手続きでお困りの方は当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!