ブログ

山林(森林)を相続する場合に必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。
亡くなった人の不動産に山林(森林)がある場合には、登記以外に役所に対して届出が必要なことはご存知でしょうか。
今日は山林の相続、届出についてお話します。

相続財産の中に山林があった

被相続人(亡くなった人)名義の不動産がある場合は、相続(名義変更)の手続きが必要となります。
遺産相続の事例の中で、被相続人が生前に山林(森林)を所有していたというケースが稀にあります。
都会では少ないでしょうが、私の住む石川県ではよくあることです。
相続が起こって不動産を調べて初めて山林を持っていたことがわかった、といったケースも多々あります。

山林を所有していたときは、要注意です。
山林(森林)の遺産相続では、住宅建物(通常の不動産)とは異なる特殊な手続きが必要になります。
また、なるべく早く山林の相続手続きを進めることをお勧めします。
山林の相続は90日以内という期限が定められているためです。

山林の相続手続きに必要なこと

山林(森林)の相続をするときは、下記の2つの手続きが必要となります。

①山林の相続登記(=不動産の名義変更のこと)
②市町村への山林の届出

通常の不動産(住宅・建物)については、①の相続登記のみでOKです。しかし、山林の場合には事情が変わります。
山林特有の手続きとして②の市区町村への届出が必要になるのです。
①については通常の相続登記と変わりませんので説明を割愛します。
以下、②の手続きについて詳しく解説いたします。

【山林の市町村への届出:90日以内という期限あり】

森林の所有者の把握(適切な森林整備の促進)を目的として、平成24年4月に森林法が改正されました。
これに伴い、所有者の届出制度が創設されたのです。
山林(森林)の相続では、90日以内に市町村への届出が必要になります。(相続登記をした場合でも別途届出が必要となる。省略不可)
90日というのはあっという間に過ぎてしまいます。
その間に、遺産分割協議(=遺産についての話し合い)が整わないということも大変多いです。
遺産分割協議が完了、未了によって市町村への届出が少々異なりますのでご説明致します。

①遺産分割協議が未了の場合
相続が起こってから90日以内に、山林は相続人の共有物であるといった内容を市町村に届出をしなければなりません。

・各相続人が、それぞれ自分の相続分割合で山林の届出をする
・相続人の連名で山林の届出をする
という取扱いになります。
その後、遺産分割協議がまとまった時は再度届出をする必要があります。

②遺産分割協議が完了している場合
山林を相続することになった相続人が、90日以内に市町村に対して山林について届出をすればOKです。
小松市の山林を相続した場合には、小松市役所に、金沢市の山林を相続した場合は金沢市役所に届出をします。
なお、市町村により取扱いが異なることがありますので、山林のある市町村に事前に確認することをお勧めいたします。

山林の届出制度について(石川県)

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きのサポートをさせて頂いております。
相続人調査、財産調査、遺産分割協議書の作成までお任せください。
併設している税理士事務所・社労士事務所と共にご相談を伺うことも可能です。
相続手続きでお困りの方は当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!