ブログ

知らない相続人がいた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続手続き

相続人調査

相続が起こると、
以下の手続きを進めていく必要があります。

1.死亡時の各種届出

死亡届の提出
埋葬許可証交付申請
世帯主変更届の提出 など

2.支給を受けるための手続き

葬祭費・埋葬料の請求
高額医療費の請求
公的年金の請求
生命保険金の請求
死亡退職金の請求 など

3.その他解約手続き

水道光熱費の解約又は名義変更
電話加入権の名義変更
NHKの名義変更
クレジットカードの解約
運転免許証の返却
パスポートの返却
保険証の返却
シルバーパスの変更 など

この手続きが落ち着くと、
1『誰が遺産をもらう権利があるのか』=相続人調査
2『どれだけ遺産があるのか』=財産調査
3『どうわけるかを話し合い、書類に残す』=遺産分割協議書の作成

この最も大切な3つのことを進めます。

知らない相続人がいた!

相続人調査を行っていると、知らない相続人(異父兄弟、異母兄弟etc)が見つかるパターンが実はよくあるのです。
夫が亡くなり、相続人は妻である私と、子供の2人に間違いないから相続人調査は必要ない!と言われる方もいらっしゃいますが、
戸籍を取り寄せてみて、前妻との間に子供がいた場合、認知していた子供がいた場合、養子を取っていた場合などがあるのです。

名義変更には、
亡くなった方の出生~死亡までの全ての戸籍+遺産分割協議書に全ての相続人から実印をもらうことが必要です。

相続人はわかりきっていると思われるかもしれませんが、早めの戸籍収集、相続人調査をお勧めします。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの複雑な相続手続きを受任してきました。
併設する税理士事務所・社労士事務所と共に
相続人調査、財産調査、遺産分割協議書作成、遺族年金、相続税申告手続きに至るまでしっかりサポートさせて頂きます。
相続でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!