ブログ

相続放棄と遺産放棄の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

よく相続手続きの依頼者から、「遺産は放棄しました」ということを聞きます。
しかし、よくよく話を伺ってみると、「相続放棄」ではなく、遺産分割協議の結果、遺産を受け取っていないという意味(遺産放棄)で仰っているケースがほとんどです。
相続放棄と遺産放棄では、亡くなった方(被相続人)に借金があった場合等の際に立場が全く異なってきます。
今日は、相続放棄と遺産放棄の違いについてご説明いたします。

相続放棄と遺産放棄の違い

この二つの違いは、わかりやすく言うと、
相続放棄は、初めから相続人じゃなかったことになり、「+の財産も-の財産も一切相続しない」と裁判所に対して申述し、
遺産放棄は、「遺産分割協議の場で、遺産はいらない」と意思表示をすることです。
相続人に放棄する意思表示をしただけでは、相続放棄は出来ません。
両者は似ていますが、違いがあります。
以下の表から確認してみましょう。

 相続放棄遺産放棄
期限・手続被相続人が亡くなったことを知ってから3ヵ月以内に家庭裁判所に対して申述をする必要有相続税がかかる場合は、相続税申告前までに、その他は期限はない。遺産分割協議書に押印するのみでその他手続きは必要なし。
立場はじめから相続人ではない。
プラスの財産もマイナスの財産も承継しない。
相続権そのものを放棄したわけではないので、相続人には変わりはない。プラスの財産を承継しなくても、マイナスの財産(債務)については負う。
債権者に対して強気に主張できない。
相続権次順位の相続人に相続権が移る次順位の相続人に相続権は移らない
メリット①借金を一切相続しない
②他の相続人と関わらなくて良い
①財産を選んで相続できる
②裁判所等に対して申述をする必要なし

相続放棄の手続きについてはこちらから

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きのサポートをさせて頂いております。
戸籍収集から、遺産分割協議書の作成までお任せください。
併設している税理士事務所・社労士事務所と共にご相談を伺うことも可能です。
相続手続きでお困りの方は当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!