ブログ

不動産の名義変更に期限はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続が起こると、いくつもの手続きが発生します。
遺産をどう分けるか決まったら、相続手続きの一番最後に、不動産の名義を変更します。
よく、すぐに売ったり担保に入れるわけでもないから不動産の名義変更を放っておいて良いか、
不動産の名義変更に期限はあるのかというご質問を頂きます。
今日は、不動産の名義変更の期限ついてお話します。

相続手続きの中で期限があるもの

相続手続きの中で期限があるものをご紹介します。

① 相続放棄をする場合は、「相続の開始を知ってから3ヵ月以内」に裁判所に対して申述をする必要があります。
裁判所HPはこちらから

② 亡くなられた被相続人が事業を営んでいた場合は、「相続開始から4ヶ月以内」準確定申告を行う必要があります。

③ 相続税が発生する方は、「相続開始から10ヶ月以内」に相続税申告・納付をする必要があります。

このように、相続には期限が設けられているものが多く、順番に手続きを進めていかなくてはなりません。
では、不動産の名義変更に関しては、期限などはあるのでしょうか。

不動産の名義変更期限はない!?

相続の際の不動産の名義変更には期限はありません。
というのも、相続によって所有者の変更が生じても、名義を被相続人から相続人に必ず変更しなければならないという決まりが無いからです。

そして、相続が発生したからといって、法務局などから「名義変更のお知らせ」など連絡は一切ありません。
相続税がかかるかもしれない方には、税務署からお尋ね書が来ることがあるようです。

義務も期限も連絡もありませんので、
相続人が被相続人が所有していた全ての不動産を把握していない限り、不動産の名義変更(登記)は完了しないままになっています。
売買や担保に入れる時になって、一緒に相続登記をするという方が多くいらっしゃいますが、
期限が無いからといって放置しておくと危険なことがあります。

名義変更をしないで放棄する危険性

相続登記を放置しておくと、いざ登記をしなければならない状況(売買や贈与、抵当権の設定等)になった時に、登記に必要になる書類の取得が難しくなります。
不動産の所有者が亡くなった後に、相続人の一部が亡くなっている場合は、亡くなった相続人の出生~死亡までの戸籍を集める必要があったり、
甥っ子や姪っ子から印鑑を頂く必要が出てきたりします。
放置した後に行政書士等の専門家に依頼しても、戸籍の収集量が増え、手続きが複雑になる点から、
専門家の報酬も高額になる可能性があります。
不動産の名義変更に期限はありませんが、思い立ったが吉日、早めに名義変更は済ませましょう。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きをさせて頂いております。
相続財産の調査、戸籍の収集で困っている、数次相続で困っている、相続人と連絡が取れない、遺産分割協議書の作成をお願いしたいなどといった問い合わせを数多く頂いております。
争議性がある場合には、連携する弁護士をご紹介いたします。
相続手続きでお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!