ブログ

会ったことのない相続人がいる場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続が起こり、相続人の中に会ったことのない相続人がいた場合(異父兄弟、異母兄弟等)は、
どのような手続きをしたら良いでしょうか。
今日は、会ったことのない相続人がいる場合の対処法についてお話します。

会ったことのない相続人がいることが判明

会ったことのない相続人がいることが判明する場合とは、相続が起こり戸籍の収集(相続人確定作業)をしていく中で判明することが多いと思われます。
例えば、前妻との間に子供がいた場合や、兄弟が相続人になるケースで、会ったこともない異母兄弟・異父兄弟が相続人になるケースです。

亡くなった人が遺言を残していない場合、原則通り、相続人全員で遺産分割協議を行います。
相続人全員で行わない遺産分割協議は無効です。
一人でも協議に参加しない、合意ができない場合はいつまでも相続手続きが進みません。
相続手続きが進まないということは、不動産の名義変更ができなくなりその不動産の売却ができない、また定期預金がおろせないという事態になってしまいます。
そこで会ったことのない相続人にも協力してもらわなければいけないのです。

会ったことのない相続人とは、亡くなった本人と疎遠になっていることが多く、他の相続人とも疎遠な場合が多いです。
今日は、コンタクトの取り方をお伝えします。

相続人に手紙を送る

いきなり電話や直接会うというのは相手が被相続人や相続人に対して、どのような感情を抱いているかわかりませんのでリスクが高いです。
まずは手紙を送ってみるのが一般的です。

会ったことのない相続人の住所地ですが、会ったことのない相続人の本籍地がわかれば、
本籍地の役所で「戸籍の附票」を取得すれば、判明します。

手紙の内容ですが、いきなり「こういう風に遺産を分けたい」などの込み入った内容は避けた方が良いです。
まずは被相続人が亡くなったことを伝えること、会ったことのない相続人の意見も伺いたいので連絡をほしい旨を伝えることが良いでしょう。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き・遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
相続財産の調査、戸籍の収集で困っている、数次相続で困っている、相続人と連絡が取れない、遺産分割協議書の作成をお願いしたい、遺留分に配慮した遺言書を作成したいなどといった問い合わせを数多く頂いております。
争議性がある場合には、連携する弁護士をご紹介いたします。
相続手続き・遺言書作成でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!