ブログ

相続放棄をする上での注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続放棄をする上での注意点

相続が発生し、マイナスの財産が多いとわかった段階で、
裁判所に対し、「相続放棄」を考えられる方が多くいらっしゃいます。
相続放棄をすることを決めたら、気を付けなければならないこと、知っておくべきことがあります。
今日は、相続放棄をする上での注意点についてお話します。

相続放棄を決めたら、相続財産には手をつけてはならない

相続放棄をしようと思ったら、相続財産には一切手を付けてはいけません。
相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになります。
相続財産に手を付けてしまったら(例:預貯金を一部降ろして、使ってしまった等)、
単純承認したものとみなされてしまうのです。=相続放棄は出来ません。
車や損害保険の名義変更なども安易にしてしまわないように注意しましょう。

次順位の相続人にも、相続放棄の手続きが必要

例えば、夫が亡くなり、相続人が妻と子供2人の場合を考えてみましょう。
夫の死後、夫の多額の借金があることがわかり、妻と子供2人は相続放棄をし、無事、家庭裁判所から相続放棄受理証明書を発行してもらいました。
これで、ひと安心!!!・・・ではありません。

第1順位の相続人(妻と子供2人)が、全員相続放棄をしたことにより、第1順位の相続人はいなくなりましたが、
その場合、第2順位の相続人である故人の両親が相続人となります。
ここで、両親の両方または片方がご健在であれば、相続放棄をしない限り夫の借金は親に引き継がれます。
そして、親の相続放棄の手続きも、無事終わり、ホッと・・・してはいけません。

ここで、第2順位の相続人も相続放棄により、この多額の借金は第3順位の相続人に移ります。
第3順位の相続人とは、故人の兄弟姉妹です。
第2順位の故人の両親がすでに亡くなっている場合は、第1順位からこの第3順位へと借金が引き継がれます。
兄弟姉妹(さらに、兄弟姉妹のうち、故人より先に亡くなっている者がいる場合は、甥や姪に相続人の地位が引き継がれます)が、多額の借金を負わないためには、
第三順位の全員が、裁判所で相続放棄の手続きをとる必要があります。
第三順位まで全員が相続放棄の手続きをして、ようやく終了です。

相続放棄は、相続人や親族、債権者に対して、「相続放棄する!」と主張すれば良いのではなく、
裁判所で手続きをする必要があります。
相続放棄の手続きについてはこちらから
相続放棄の手続きは、弁護士または司法書士に依頼すれば、代わりに手続きを行ってくれます。
ご自身で管轄の裁判所に行けば、手続きを行うことも勿論可能です。

このように、亡くなった人に借金があり第一順位の方が相続放棄される場合には、
第二順位の親、第三順位の兄弟姉妹にまで、
後に相続放棄の手続きをしてもらう必要があることをしっかり伝えましょう。
伝えていないと、後にトラブルになるケースがあります。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き・遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
相続財産の調査、戸籍の収集で困っている、数次相続で困っている、相続人と連絡が取れない、遺産分割協議書の作成をお願いしたい、遺留分に配慮した遺言書を作成したいなどといった問い合わせを数多く頂いております。
併設している税理士事務所と社労士事務所と連携したサポートをさせて頂きます。
相続手続き・遺言書作成でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!