ブログ

孫に遺産を相続させるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続手続きを受任すると、「子供を飛ばして、孫に遺産を相続させる方法はないのか?」といった相談を受けることがあります。
孫に遺産を相続させるにはどうしたら良いでしょうか。
今日は、お孫さんが遺産を相続できる場合について、お話します。

お孫さんは相続の対象?

現行法上、相続人となることができるのは、以下の人たちです。

第一順位:子供
第二順位:直系尊属(父親・母親など)
第三順位:兄弟姉妹

※上記に加え、配偶者がいる場合は常に配偶者も相続人となります。

このように、通常の相続人は「子供」「父親、母親」「兄弟姉妹」の誰かと「配偶者」です。
そのため基本的にはお孫さんは相続人でないので、遺産を相続する権利はありません。

お孫さんが相続できる3つの場合

通常の場合ではお孫さんは相続人ではありませんが、以下のような場合ではお孫さんへ遺産を相続をさせることが出来ます。

① 代襲相続
② 遺言書
③ 養子縁組

今日は、①と②の場合についてお話します。

①代襲相続の場合

(メリット)
被相続人よりも先に子が亡くなっている場合に、孫が相続人となることが出来る。

(デメリット)

法定相続分での遺産分割となる。(先に亡くなった子と同様の法定相続分)
孫のうち特定の1人を指定して遺産相続させることが出来ない。
たまたま子が被相続人より先に亡くなっている場合しか、孫は相続人となれない。

代襲相続とは「相続人のひとりがあなたより先に亡くなった場合、その子供が代わりに相続する」というものです。
つまり、あなたのお子様があなたより先に亡くなった場合、お子さんの代わりにお孫さんが相続するということです。
この場合は、お孫さんが遺産を相続することが出来ます。
しかし、特定のお孫さんへのみ遺産相続をさせることが出来ません。
代襲相続は亡くなったお子さんの代わりにお孫さんが相続するものなので、亡くなったお子さんの子供の相続分は平等です。
また、亡くなっていないお子さんもいらっしゃれば、そちらのお孫さんには相続されません。

■例

『我が家は、私、妻A、長男B、長男の妻C、長男夫婦の子Dの5人暮らしです。次男Eは結婚し、家庭を持っていましたが、次男Eは去年事故で亡くなってしまいました。次男には、次男の妻F、次男夫婦の子Gがいます。
この時、私が亡くなった場合の相続人は誰になるのでしょうか。』

⇒ 正解は、妻A、長男B、次男夫婦の子Gが相続人となります。

②遺言書を残して遺産相続(遺贈)させる場合

(メリット)
特定の孫に遺産相続させることが出来る。
希望する財産を希望する割合で遺産相続させることが出来る。
相続発生後の手続きがスムーズとなる。

(デメリット)
遺言書を残すには、法定な要件を満たして作成しなければ、無効となる可能性がある。

お孫さんへ遺産を残すための方法として、遺言書にその旨を記載する方法があります。
遺言書は比較的自分の希望通りに遺産を残すことができますし、法的な要件を満たして作成すれば、意思を実現することが出来る点から、お孫さんに遺産相続を希望される方には一番おすすめの方法です。

遺言書を作成する時は、公正証書遺言をお勧めしています。
公正証書遺言を作成すれば、法的な要件を満たさず遺言が無効となることがなく、自分の希望通りに遺産を残すことができます。
詳しくはこちら

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き・遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
戸籍の収集で困っている、数次相続で困っている、相続人と連絡が取れない、遺産分割協議書の作成をお願いしたい、遺留分に配慮した遺言書を作成したいなどといった問い合わせを数多く頂いております。
併設している税理士事務所と社労士事務所と連携したサポートをさせて頂きます。
相続手続き・遺言書作成でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!