ブログ

異母兄弟・異父兄弟にも相続権はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続手続きを進めようとしていたところ、異母兄弟(異父兄弟)がいることが分かりました。
実は、こういったことは相続の現場ではよくある話なのです。
亡くなった父が実は再々婚で、1人目の妻との間に兄弟姉妹がいた、
亡くなった父に認知している兄弟姉妹がいた等。

異母兄弟(異父兄弟)がいる場合の相続手続きはどうすれば良いでしょうか?
今日は、異母兄弟(異父兄弟)がいる場合の相続手続きについてご説明いたします。

異母兄弟・異父兄弟とは?

異母兄弟とは、父親が一緒であるが母親が別の兄弟姉妹であり、腹違いの兄弟ともいう関係です。
また、異父兄弟とはその逆で、母親は一緒であるが、父親が別の兄弟姉妹のことをいいます。

異母兄弟には相続権があるのか?

結論を言うと、異母兄弟・異父兄弟にも相続権が発生します。
ただし、非嫡出子(婚外子)の場合は、父親から認知がされていないと、戸籍上相続人となることは出来ません。

異母兄弟の相続分は?

父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1が法定相続分となります。(民法900条4項ただし書)
半血の兄弟姉妹とか全血の兄弟姉妹という言い回しを聞いたことがある方がいるかと思います。

半血の兄弟姉妹というのは、父母の片方だけを同じにする兄弟姉妹(前妻の子など)のことを言います。
全血の兄弟姉妹というのは、被相続人と父母を同じにする兄弟姉妹のことを言います。
該当の相続人が、半血の兄弟姉妹か全血の兄弟姉妹かによって法定相続分に違いが発生します。
具体的な例を挙げて実際に金額で考えてみましょう。

■例 父がなくなりました。父の財産は、1000万円ありました。
相続人は配偶者である母と、父母の間に生まれた長女Aと長男B、父が生前に認知した二男Cがいます。
この場合、それぞれ法定相続分で相続したとすると、金額はどうなるでしょうか。

法定相続分は、配偶者が4分の3、全血の兄弟姉妹である長女Aが10分の1、長男Bが10分の1、半血の二男Cが20分の1となります。
遺言がない限り、皆が遺産分割協議書に実印を押印しない限り、名義変更は出来ません。

配偶者:750万円
A  :100万円
B  :100万円
C  :50万円

再婚等で自身の相続の際に手続きが複雑になりそうな方には、遺言書の作成をお勧めしています。
遺言書作成をお勧めする9パターン

間違いやすい類似のケース

平成25年9月4日に最高裁判決によって、これまで嫡出子の2分の1とされていた非嫡出子の相続分の規定は違憲とされました。
そして同年の12月に民法が改正され、嫡出子と非嫡出子の法定相続分は同一となりました。

詳しくはこちら
これを全血の兄弟姉妹と半血の兄弟姉妹とで法定相続分が同一となったと勘違いする方がいらっしゃいますので、注意が必要です。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きをさせて頂いております。
戸籍の収集で困っている、数次相続で困っている、相続人と連絡が取れない、遺産分割協議書の作成をお願いしたいなどといった問い合わせを数多く頂いております。
戸籍の収集途中で、異母兄弟異父兄弟がいることが分かったといったケースにも多く対応してきました。
併設している税理士事務所と社労士事務所と連携したサポートをさせて頂きます。
相続手続き・遺言書作成でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!