ブログ

相続人の住所を特定することができる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続手続きを進める為には、亡くなった方の「出生~死亡までの除籍謄本」、そして相続人の戸籍抄本が必要です。
相続人が確定し、財産調査を終えたら、相続人全員に「遺産分割協議書」に実印を押してもらい、名義変更を行います。
疎遠で住所がわからない相続人がいた場合にはどうしたら良いでしょうか。

今日は、相続人の住所を特定する方法をお伝えします。

相続人の戸籍の附票を取得する

連絡先がわからない相続人がいたら、相続人の戸籍の附票を取得します。
相続人の戸籍の抄本に記載されている本籍地の役所において、「戸籍の附票」を申請します。
そうすると、現在の住民票所在地が記載されてきますので、
まずはその住民票所在地に郵便を送って、連絡を取って見ましょう。

ただし、必ずしも住民票を移しているとは限らないことと、
住所までしかわからないので完璧なものではありません(住民票所在地であるだけで、居所であるかはわからない)が、
連絡が取れない、どこに住んでいるのかもわからないという相続人がいる場合には、戸籍の附票から現在の住民票所在地を探し出すことが可能となります。

もしその住所地に住んでいない場合には、郵便は返ってきます。
郵送で書類を送る時は、受け取ったかが分かる郵便で送ることをお勧めします。

そもそも戸籍の附票とは?

戸籍の附票とは、「住所の履歴」が記録されている書類です。
戸籍というものは「本籍地」の転籍手続きをしなければ、特に移動をすることはありません。
戸籍の附票は住所を異動すると、記録が残るものです。

戸籍の附票と住民票の違いは?

住所が記録されているものであれば「住民票」を想像されるのではないかと思います。
住民票にも、住所の記録は記載されますが、住民票には前住所までの記録しか記載されません。
戸籍の附票ですと、住所の変更履歴が全て表示されてきます。

住所の移動履歴を証明する必要がある時に、住民票の場合は何通も取得しなければいけませんが、
戸籍の附票であれば一通で済むという場合あり手間が軽減されます。
相続以外にも、引越しの度に住民票を移していたという人にとっては便利なものとなります。

戸籍の附票と住民票は取得する場所が違う

戸籍の附票も住民票も住所地や住所移転を見ることが出来るという点では同じです。
しかしこの二つを取得する際には、注意しなければならないことはあります。
それは戸籍の附票と住民票は、「取得する場所が違う」いうことです。

【住民票の取得場所】
住民票は、住所の所在地の市町村役場にて取得します。

【戸籍の附票の取得場所】
戸籍の附票は、本籍地にある市町村役場にて取得します。
住所地と本籍地は必ずしも同じであるとは限りません。
例えば、住所は東京であるにもかかわらず、本籍は北海道にあるということもあります。
戸籍の附票と住民票は似ているようですが、取得する場所が違うので注意が必要です。

戸籍の附票の取得の仕方

基本的には戸籍を取得するのと同じ手順になります。
必要書類も同じです。

郵送で戸籍の附票を取得したい場合は、こちらから

 

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きをさせて頂いております。
戸籍の収集で困っている、相続人と連絡が取れない、遺産分割協議書の作成をお願いしたいなどといった問い合わせを数多く頂いております。
併設している税理士事務所と社労士事務所と連携したサポートをさせて頂きます。
相続手続きでお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!