ブログ

胎児でも相続人となるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

Q.
急な事故で夫が亡くなりました。
我が家は、私と3歳の長女、そしてお腹の中には来月産まれる次女がいます。
こういった場合、次女は相続人となるのでしょうか。
そして、相続人となるにしてもどういった手続きをする必要があるのでしょうか。

胎児も相続人となる

民法上、原則としてまだ生まれていない胎児に権利能力は認められていません。
しかし、相続に関しては例外的に胎児にも権利能力が認められているのです。
よって、次女も相続人となります。
ただし、次女が死産だった場合には、胎児に相続権は認められません。

民法886条
1 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

胎児はどうやって遺産分割協議をする?

胎児が相続人となることはわかりましたが、
どうやって遺産分割協議をしたら良いのでしょうか。

胎児の段階で権利能力が認められている為、遺産分割協議をすることは可能ですが、
死産だった場合には遺産分割協議をやり直す必要がある為、
実際には出産を待ってから遺産分割協議を進めるのが良いです。

しかし、生まれたからといって、遺産分割協議を理解できるわけがありません。
子供(未成年)が相続人となった場合は、どうしたら良いのでしょうか。

相続の場合、親は未成年の子の法定代理人にはなれません。
お互いに相続人となり、利益相反となるからです。

相続人に未成年者がいる場合は、法定相続分で相続する場合を除き「特別代理人」を選任する必要があります。
詳しくはこちら

A.
今回の場合ですと、次女が無事生まれた場合、
相続人は妻、長女、次女が相続人となり、
長女と次女に特別代理人を選任する必要があります。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きのサポートをさせて頂いております。
相続でお困りの方は、当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!