ブログ

帰化しても相続時に韓国戸籍が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

日本に帰化すると、もう本国の戸籍類は一生必要ないと思われる方が多々おられます。

しかし、実は帰化していても、相続時に「出生から帰化までの戸籍」が必要となってくるのです。

帰化申請時に、戸籍は集めたけれど、控えは無いといったケースが多々あります。

何故、帰化したのに帰化前の戸籍が必要なのでしょうか。
そして、帰化した者が亡くなった場合、どうやって戸籍を取り寄せたら良いでしょうか。
今日はこの2点を中心にお話します。

帰化していても韓国の戸籍は必要

韓国も日本と同様に戸籍が重要です。
誰が相続人か明確にするために、出生から死亡までの戸籍を取り寄せるのです。

韓国の戸籍が必要な理由は、
帰化する前の韓国籍の時に、婚姻や認知などの身分事項が発生し、
子供がいるかもしれないからです。

たった1日でも韓国に戸籍がある場合は、取寄せなければなりません。

韓国戸籍はどこで取得できる? ⇒ こちらから

韓国戸籍は、ハングルで表記されていますので、日本の法務局や金融機関に提出する際は、翻訳文が必要です。
戸籍を収集し、翻訳までが必要なのです。

戸籍を収集するためには、日本と同様に本籍地が明確にわからなければなりません。
多くの方は、本籍地を知りません。
本籍地がわからない場合はどうしたら良いでしょうか。 ⇒ こちらから

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続きのサポートをさせて頂いております。
日本人の相続手続きは勿論、韓国籍の方の相続手続き、遺言書案作成、帰化申請などの経験が豊富です。
韓国の相続でお困りの方は、当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!