ブログ

遺産相続で特に揉めやすい5つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続が起こり、相続人で話し合いをしようとしましたが、なかなか話し合いが出来ない、まとまらない。
我が家は相続で揉めないと思っていたのに・・・こんな話をよく耳にします。

相続争いは我が家には関係ないと思っていませんか?
資産家ではないから、揉めないと思っていませんか?
実は、資産家ではないほど相続は揉めるのです。

今日は、どんな時に特に揉めやすいのかお話します。

1.自分以外の兄弟姉妹が親と同居している

親が亡くなると、一緒に住んでいた兄弟姉妹が相続手続きを仕切ることがよくあります。
その場合は、兄弟姉妹が専門家に相談し、自分たちに有利な遺産分割案を提示してくることがあります。
介護をしたから、世話をしてきたから等といって、財産を多めにもらって当然だ!と主張してくるのです。
後々揉めないためには、どうしたら良いでしょうか?⇒詳しくはこちら

2.親が事業を営んでいる

親が事業を営んでいる場合、会社の株や預貯金、資産等が誰が相続するかによって事業体制の根幹に関わってきます。
事業に関わらない相続人が相続すると、死後の会社の意思決定等に影響を及ぼします。
誰に株式や不動産などを相続して欲しいか、しっかり書面に書いて残しておくことが必要です。
どのような書面を残しておくのが最適でしょうか?⇒詳しくはこちら

3.親が親族以外の人にお世話になっている

親が兄弟姉妹の配偶者に介護を受けている場合などです。
兄弟姉妹の配偶者には、相続権はありませんが、介護をしたから、
正式な遺言書はないが、生前に、いくら財産を譲ると言われた、などと聞き、遺産分割協議がまとまらないことが多々あります。
言った言わないとならない為にも、遺言書を残しておくことをお勧めしています。⇒詳しくはこちら

4.親が離婚、再婚している

親が離婚をしているor再婚をしている場合には、注意が必要です。
親が亡くなった後に、これまで会ったこともない異父兄弟、異母兄弟と話し合いをしなければ遺産をわけることが出来なくなるのです。
中には、「私達にも遺産を相続する権利がある!」ある!といって、多額の遺産相続を求めてくるケースもあります。
こうなると、必ず遺産分割協議は長期間に及び、心身ともに疲れ果ててしまいます。
親の死後に困らない為には、どうしたらよいでしょうか。⇒詳しくはこちら

5.親に、事実婚の妻・夫がいる

親に、事実婚の妻・夫がいる場合には、注意が必要です。
事実婚の妻・夫は、相続人にはなれませんが、
親の生前中の財産形成に多大な貢献をした、誰よりも介護をした等と言って、相続権を主張してくるケースがあります。
相続人同士は協議がまとまっていても、事実婚の妻・夫と敵対し、揉め事に巻き込まれることがあります。
親の死後に困らない為には、どうしたらよいでしょうか。⇒詳しくはこちら

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き、遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
遺言書案の作成、相続人調査、財産調査、遺産分割協議書の作成までお任せください。
連携している司法書士や弁護士をご紹介することも勿論可能です。
相続・遺言書作成でお困りの方は、相続に強い税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!