ブログ

代襲相続とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

代襲相続とは?

相続手続きを受任すると、よく「代襲相続」が出てきます。
代襲相続とは、どのような制度でしょうか。
今日は、代襲相続について説明します。

代襲相続とは、本来相続人となるはずの方が、被相続人(亡くなった人)が亡くなる前に死亡し、
その子(または孫など)が代わりに相続するというものです。

代襲相続について詳しくみてく前に、相続人について確認しましょう。

まず、配偶者は必ず相続人となります。

第1順位 子
第2順位 直系尊属(親など)
第3順位 兄弟姉妹

第2順位の人は、第1順位の人がいない場合に相続人となります。
第3順位の人は、第1順位と第2順位の人がどちらもいない場合に相続人となります。

代襲相続の具体例

父Aが亡くなりました。
家族構成は、妻B、子供Cです。
AとBには、もう一人子供Dがいましたが、
父Aより先に亡くなってしまいました。
子供Dには夫のE、娘のFがいます。

この時、父Aの相続人は誰になるでしょうか。

答えは、B、C、Fです。
Fが亡くなったDの代わりに相続します。これが代襲相続です。
なお、代襲相続は相続する権利が下の世代にのみ移るため、夫Eは相続人となりません。
ここはポイントですので理解しておきましょう。

当事務所に出来ること

当事務所では、相続手続きのサポートを行っております。
併設する税理士事務所と相続人の確定から財産調査、遺産分割協議書作成、相続税申告までトータルサポートさせて頂きます。
相続手続きでお困りの方は是非当事務所にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!