ブログ

  1. 韓国領事館にて戸籍を取得する方法とは?

    帰化申請帰化は、申請すれば必ず帰化できるものではありません。毎年一部の方が不許可となっております。韓国籍の方が帰化申請するためには、家族関係登録簿等証明書、除籍謄本を収集+翻訳しなければなりません。韓国戸籍は、日本国内の韓国大使館・領事館にて取得することが出来ます。

    続きを読む
  2. 帰化する際の注意点~同居家族の年金・税金滞納~

    帰化申請帰化は、申請すれば必ず帰化できるものではありません。毎年一部の方が不許可となっております。帰化申請は、ひとりで帰化する場合でも、同居している家族のことについても調べられます。

    続きを読む
  3. NPO法人設立の流れとは?

    会社法人設立今日は、最近よくお問い合わせを頂くNPO法人の設立の流れについてお話します。そもそもNPO法人とは?NPOとは、Non Profit Organizationの略です。「特定非営利活動」と訳されます。

    続きを読む
  4. 一般社団法人とNPO法人の違いとは?

    会社法人設立一般社団法人とNPO法人の違いとは?今日は、よく問い合わせを頂く『一般社団法人とNPO法人の違い』についてお話します。以下の二つの法人の比較表を確認してみましょう。

    続きを読む
  5. 相続人の住所を特定することができる方法とは?

    相続・遺言相続手続きを進める為には、亡くなった方の「出生~死亡までの除籍謄本」、そして相続人の戸籍抄本が必要です。相続人が確定し、財産調査を終えたら、相続人全員に「遺産分割協議書」に実印を押してもらい、名義変更を行います。

    続きを読む
  6. 郵送で戸籍を取り寄せる方法とは?

    相続・遺言相続手続きを進める為には、亡くなった方の「出生~死亡までの除籍謄本」、そして相続人の戸籍抄本が必要です。戸籍を役所に取りに行く時間がない場合や、遠方に住んでいて役所に取りに行けない場合などは、郵送で請求することが可能です。

    続きを読む
  7. 建設会社を設立する際の注意点とは?

    会社法人設立建設会社を設立する際の注意点とは?建設業許可を受けるタイミングで、それまで個人事業で行ってきた建設業を法人化(会社設立)される方も多いですが、その際、設立した会社で許可をスムーズに受ける為には、いくつかの注意点があります。

    続きを読む
  8. 相続人が誰もいない場合、財産はどうなる?

    相続・遺言相続人が誰もいない場合、財産はどうなるのでしょうか?相続というのは、遺産を引き継ぐことが出来る人(=相続人)の範囲が民法で決まっており、これを「法定相続人」といいます。

    続きを読む
  9. 遺言書を書くタイミングはいつ?

    相続・遺言遺言書を作成しようと思っても、どう書いて良いかわからなかったり、内容に悩んだりすると、年月がどんどん経っていきます。

    続きを読む
  10. 公正証書遺言の証人になれない人とは?

    相続・遺言公正証書遺言を作成する為には、「証人が2人」必要です。証人とは、どのような人にお願いすれば良いでしょうか。証人になれない人はいるのでしょうか。今日は、公正証書遺言の証人について、お話いたします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!