ブログ

  1. 遺言執行者を辞任・変更することは出来る?

    相続・遺言相続手続きは、正式な「遺言書」があるかどうかで手続きの流れが変わってきます。遺言書が見つかり、遺言書の中で遺言執行者が指定されていた場合には、遺言執行者が遺言内容の執行をする必要があります。

    続きを読む
  2. 受取人指定なしの生命保険金は誰がもらえる?

    相続・遺言相続が起こると、いくつもの手続きが発生します。生命保険は、受取人が指定されていれば、その方が生命保険金を受け取ることとなります。

    続きを読む
  3. 韓国戸籍の翻訳で気を付けること

    帰化申請帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。その中でも、韓国戸籍の収集に苦労する方が多いかと思います。苦労して戸籍を収集したら、次は戸籍を翻訳する必要があります。今日は、韓国戸籍の翻訳について気を付けることをお話します。

    続きを読む
  4. 不動産の名義変更に期限はある?

    相続・遺言相続が起こると、いくつもの手続きが発生します。遺産をどう分けるか決まったら、相続手続きの一番最後に、不動産の名義を変更します。

    続きを読む
  5. 親が遺言を遺していたか確認する方法とは?

    相続・遺言相続手続きは、正式な「遺言書」があるかどうかで手続きの流れが変わってきます。では、家族が把握している以外に遺言書があるかを確認する方法はあるでしょうか。今日は、遺言書があるかどうかの確認方法について説明いたします。

    続きを読む
  6. 受遺者が先に亡くなった場合、遺言の効力は?

    相続・遺言遺言を遺していた場合、遺言者よりも先に財産を譲りたい人が亡くなってしまっていた場合は、遺言自体が無効になるのでしょうか?今日は、受遺者(財産を譲り受ける人)が先に亡くなっていた場合の遺言の効力について説明いたします。

    続きを読む
  7. 遺言者死亡後の遺言執行の流れ

    相続・遺言被相続人が遺言を遺していた場合、遺言の執行手続きが必要となります。遺言書内で、遺言を執行する人「遺言執行者」が指定されていれば、遺言執行者が遺言執行を行います。今日は、遺言執行の流れ(公正証書遺言の場合)について説明いたします。

    続きを読む
  8. 公正証書遺言の作成方法を紹介!

    相続・遺言遺言書には、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があります。この中で最もお勧めするのは、公正証書遺言です。公正証書遺言は、最も安心で確実な遺言だからです。今日は、公正証書遺言の作成手順についてお話します。

    続きを読む
  9. 公正証書遺言のメリットとは?

    相続・遺言遺言書には、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があります。この中で最もお勧めするのは、公正証書遺言です。公正証書遺言は、最も安心で確実な遺言だからです。今日は、公正証書遺言について、そして公正証書遺言のメリットについてお話します。

    続きを読む
  10. 養子も同様の相続分を有する?

    相続・遺言相続が起こると、亡くなった方の出生~死亡までの戸籍を取り寄せ、相続人の確定という作業を行います。養子も実子と同じように相続分を有するのでしょうか。どのような手続きをしたら良いでしょうか。今日は、養子の場合の相続分ついてお話します。

    続きを読む
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!