ブログ

  1. 不動産の相続手続きに必要な書類とは?

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。今日は、不動産の相続手続きで必要となる書類についてお話します。

    続きを読む
  2. 読んだら分かる!遺言書検認手続き

    相続・遺言相続が発生し、自筆証書遺言若しくは秘密証書遺言が発見された場合は、家庭裁判所で検認手続きを行う必要があります。今日は、遺言書の検認手続きの流れについてご説明いたします。

    続きを読む
  3. 公証役場はどんなところ?

    相続・遺言遺言を公正証書にする時は、公証役場に行く必要があります。公証役場は全国各地にありますが、あまり馴染みがない場所かと思います。今日は、公証役場についてご説明いたします。

    続きを読む
  4. 相続関係説明図とは?

    相続・遺言相続が起き、不動産の名義変更をするためには亡くなった方の戸籍や相続人の戸籍等を収集し、提出する必要があります。戸籍等と一緒に「相続関係説明図」を提出すると、戸籍等を還付してもらうことが出来ます。

    続きを読む
  5. 離婚時に離縁をしないとどうなる?!

    相続・遺言相続手続きを受任し、相続人調査を開始すると、思いもしなかった人が相続人となり、この人には財産を渡したくない!と争いに発展するケースがあります。思いもしなかった相続人とは、どんな人がいるでしょうか。今日は、具体例を元に、相続時の困りごとについてお話します。

    続きを読む
  6. 代襲相続で気を付けること

    相続・遺言相続手続きを受任すると、代襲相続が起こり、代襲相続人が財産を相続するといったことがあります。この代襲相続には、注意点が多々あります。今日は、代襲相続の注意点についてご説明いたします。

    続きを読む
  7. 相続放棄と遺産放棄の違い

    相続・遺言よく相続手続きの依頼者から、「遺産は放棄しました」ということを聞きます。しかし、よくよく話を伺ってみると、「相続放棄」ではなく、遺産分割協議の結果、遺産を受け取っていないという意味(遺産放棄)で仰っているケースがほとんどです。

    続きを読む
  8. 事業を特定の人に承継させたい時の対策とは

    相続・遺言事業を特定の人に承継させたい時の対策とは経営者にとって、事業承継は非常に重要な課題です。事業で使用している土地や建物が経営者個人の名義になっていたとすると、経営者が亡くなった時にその土地や建物の所有者は、原則配偶者や子供名義に変わります。

    続きを読む
  9. 一般社団法人の基金制度について

    会社法人設立今日は、一般社団法人の設立を考えられている方からよく相談される一般社団法人の基金制度について、ご説明いたします。

    続きを読む
  10. 一般社団法人の理事の任期は、伸長できる?

    会社法人設立今日は、一般社団法人の設立を考えられている方からよく相談される理事の任期について、ご説明いたします。一般社団法人の理事の任期、伸長できるのは何年まで?会社法人といっても、様々な形態があります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!