ブログ

  1. 定款認証の方式が変わります!

    会社法人設立定款の認証に関する公証人法施行規則が改正されます平成30年11月30日から、新たに第13条の4が新設された改正公証人法施行規則が施行されることにより、定款認証の方式が変わります。

    続きを読む
  2. 犯罪歴がある方の帰化申請

    帰化申請帰化申請を考えておられる方に、自身や家族の方が過去に捕まったことがあり、帰化出来るのかと心配される方がいらっしゃいます。今日は、過去に犯罪歴がある方の帰化申請についてお話します。

    続きを読む
  3. 一般社団法人と公益社団法人の違い

    会社法人設立社団法人を設立したい方の中には、税制面での優遇等の理由から、将来的には公益認定を取りたい!と考えられている方が多くいらっしゃいます。今日は、先日お問い合わせがあった公益社団法人についてご説明いたします。

    続きを読む
  4. 帰化後の国籍喪失届出を忘れずに!

    帰化申請帰化の許可が下りると、ひと安心される方が多いですが、帰化許可の後は、速やかに本国の国籍喪失の届出をしましょう。今日は、韓国籍の方の国籍喪失の届出についてお話します。韓国への国籍喪失届出の手続き国籍喪失届出は、領事館に対して申請をします。

    続きを読む
  5. 帰化申請の履歴書の書き方

    帰化申請帰化申請には、履歴書を添付する必要があります。どのように履歴書を書けば良いでしょうか。今日は帰化申請の際の履歴書の書き方についてお話します。帰化申請の履歴書の書き方帰化申請の際の履歴書は、就職の面接に必要な履歴書とは少し異なります。

    続きを読む
  6. 行方不明の相続人がいる場合の相続

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。そして、有効な遺言がない限り、相続人全員が書類に押印をしないと手続きは進みません。

    続きを読む
  7. 【永住】と【帰化】2つの違いと許可のポイント

    帰化申請日本に在留する外国人の中には、日本での生活が長く「永住権」を持っている人がいます。一方、日本の国籍を取得して、帰化する外国人もいます。この永住と帰化は、一体どう違うのでしょうか。今日は永住と帰化の違いと、許可のポイントをお知らせします。

    続きを読む
  8. 帰化動機書の書き方

    帰化申請帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。その中でも、特別永住者の方以外には、「帰化動機書」という書類の提出を求められます。こちらは手書きでご本人が書く必要があり、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

    続きを読む
  9. 韓国に戸籍がない?!

    帰化申請帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。その中でも、韓国戸籍の収集に苦労する方が多いかと思います。苦労して戸籍を韓国に請求したら、戸籍がないという事態が起こることが多々あります。このような場合はどうしたら良いでしょうか。

    続きを読む
  10. LLP(有限責任事業組合)とは?

    会社法人設立今日は、先日設立相談を受けたLLP(有限責任事業組合)について、ご説明いたします。LLP(有限責任事業組合)とは?LLPとは、リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップの略称であり、日本語では「有限責任事業組合」と呼ばれる組織形態のことです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!