ブログ

  1. 行方不明の相続人がいる場合の相続

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。そして、有効な遺言がない限り、相続人全員が書類に押印をしないと手続きは進みません。

    続きを読む
  2. 【永住】と【帰化】2つの違いと許可のポイント

    帰化申請日本に在留する外国人の中には、日本での生活が長く「永住権」を持っている人がいます。一方、日本の国籍を取得して、帰化する外国人もいます。この永住と帰化は、一体どう違うのでしょうか。今日は永住と帰化の違いと、許可のポイントをお知らせします。

    続きを読む
  3. 帰化動機書の書き方

    帰化申請帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。その中でも、特別永住者の方以外には、「帰化動機書」という書類の提出を求められます。こちらは手書きでご本人が書く必要があり、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

    続きを読む
  4. 韓国に戸籍がない?!

    帰化申請帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。その中でも、韓国戸籍の収集に苦労する方が多いかと思います。苦労して戸籍を韓国に請求したら、戸籍がないという事態が起こることが多々あります。このような場合はどうしたら良いでしょうか。

    続きを読む
  5. LLP(有限責任事業組合)とは?

    会社法人設立今日は、先日設立相談を受けたLLP(有限責任事業組合)について、ご説明いたします。LLP(有限責任事業組合)とは?LLPとは、リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップの略称であり、日本語では「有限責任事業組合」と呼ばれる組織形態のことです。

    続きを読む
  6. 不動産の相続手続きに必要な書類とは?

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。今日は、不動産の相続手続きで必要となる書類についてお話します。

    続きを読む
  7. 読んだら分かる!遺言書検認手続き

    相続・遺言相続が発生し、自筆証書遺言若しくは秘密証書遺言が発見された場合は、家庭裁判所で検認手続きを行う必要があります。今日は、遺言書の検認手続きの流れについてご説明いたします。

    続きを読む
  8. 公証役場はどんなところ?

    相続・遺言遺言を公正証書にする時は、公証役場に行く必要があります。公証役場は全国各地にありますが、あまり馴染みがない場所かと思います。今日は、公証役場についてご説明いたします。

    続きを読む
  9. 相続関係説明図とは?

    相続・遺言相続が起き、不動産の名義変更をするためには亡くなった方の戸籍や相続人の戸籍等を収集し、提出する必要があります。戸籍等と一緒に「相続関係説明図」を提出すると、戸籍等を還付してもらうことが出来ます。

    続きを読む
  10. 離婚時に離縁をしないとどうなる?!

    相続・遺言相続手続きを受任し、相続人調査を開始すると、思いもしなかった人が相続人となり、この人には財産を渡したくない!と争いに発展するケースがあります。思いもしなかった相続人とは、どんな人がいるでしょうか。今日は、具体例を元に、相続時の困りごとについてお話します。

    続きを読む
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!