ブログ

日本に帰化する条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化とは

帰化とは、その国の国籍を有しない者(外国人)からの国籍の取得を希望する旨の意思表示に対して、

国家が許可を与えることによって、その国の国籍を与える制度です。

日本国は、帰化の許可権限は法務大臣にあるとしています。(国籍法第4条)

帰化の条件

それでは、帰化するためにはどのような条件があるのでしょうか。

1.引き続き5年以上日本に住所を有していること

ご家族に日本人の方がいらっしゃる場合等は、期間が短縮される場合があります。

2.20歳以上で本国法によって行為能力を有すること(成人に達していること)

国によって、成人年齢は異なります。本国法における成人年齢を確認しましょう。

3.素行が善良であること

交通違反や納税義務違反等を行っている場合、注意が必要です。
過去に重大な交通事故、納税義務違反はありませんか。

4.自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって
生計を営むことができること

自己のお給料のみで生活をしている必要はありません。

5.無国籍または日本国籍取得によってその国籍を失うべきこと

本国の国籍法を確認する必要があります。

6.日本政府を暴力で破壊することを企てる等の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと

※なお、日本と特別な関係を有する外国人(日本で生まれた者、日本人の配偶者、日本人の子、かつて日本人であった者等で一定の者)については、

 上記の帰化の条件を一部緩和しています。(国籍法第6条から第8条まで)

以上の条件が揃えば、帰化が許可されるのか?

これらの条件を満たしていても、必ず帰化が許可されるとは限りません。

これらは日本に帰化するための最低限の条件を定めたものです。

以下に、帰化に関するQ&Aが記載されています。

 法務省 帰化 Q&Aはこちらからご覧ください。
 

当事務所に出来ること

当事務所が出来ること

自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご依頼ください。
当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。
まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。
平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。
・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

【石川県内の申請窓口が変更になりました。】

県内の帰化申請の窓口が、平成29年4月3日から金沢地方法務局本局に一元化されました。

事前相談を受ける前にまず、行政書士にご相談ください!

【金沢地方法務局本局所在地】
〒921-8505
金沢市新神田4丁目3番10号
金沢新神田合同庁舎2階
金沢地方法務局戸籍課
(代表TEL 076-292-7810)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!