ブログ

帰化申請に交通違反は影響するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化申請をする場合の条件として、素行が善良であることが求められます。
今日は、交通違反の観点から帰化申請についてお話します。

帰化申請に交通違反は影響するのか?

帰化申請の際、5年分の運転経歴証明書を添付します。
帰化申請の際の交通違反については、申請時から過去5年までが対象となり、5年以上前に発生した交通違反については原則不問になります。
では、申請時から5年以内に起こしてしまった交通違反はどう影響するのでしょうか?
起こした交通事故が軽微なものなのか、重大なものなのかにより対応が変わってきます。以下解説いたします。

【軽微な交通違反の場合】
駐車違反や無灯火、免許不携帯やシートベルトのし忘れなどの軽微なものであれば、計3回程度であれば特段問題は無いでしょう。
それ以上繰り返して行われた場合は、申請しても許可が困難になってしまう可能性が高く、受理されずに帰化申請の時期を待つことが必要になる場合があります。
帰化申請の受理というのは、申請を受理する担当の方の判断に委ねられるので、必ずしも交通違反が軽微だからといって受理されるわけではない点に注意しましょう。
また帰化申請の許可は、法務大臣の裁量です。何回だからOKというわけではなく申請者全体を見て善良であるかどうかが判断されますので注意しましょう。

【重大な交通違反の場合】
酒気帯び運転や過失割合の大きい人身事故などでは、1件であっても帰化申請が受理されないことがあります。
申請を行ないたい方は、日頃から交通ルールを守って、違反を起こさないように注意することが重要です。
申請の際には、担当官による面接が行われます。
違反を起こしていなくても、面接時に質問された交通ルールに誤りがあれば認められないこともあります。
このようなことを防ぐためには申請前に基本的な交通ルールを熟知しておくことが重要です。
以上のことから、帰化申請時には違反内容によって申請が受理されるかどうかが決まります。
重大な違反であれば一回でも許されないことが多いので、最低でも5年経過するまで待った方が良いでしょう。

交通違反を隠そうとしてはいけません!

個人が行った交通違反の全ては、全て警察から役所に情報が流れるようになっています。
ですので、交通違反の過去があるかは必ずわかります。
申請時に特に注意が必要なのがスピード違反に関する問題です。
例えば、スピードメーターは違反をした方に直接警察が事情聴取を行うことはありませんが、役所はその情報を把握できるため、スピード違反の件数によっては申請が受理されないこともあるのです。
警察に事情聴取を行われなかったからといって、交通違反を行ったことがわからないと思って申請したとしても帰化申請が許可されないこともあります。
ですので自分が犯してしまった交通違反については、全て監視されているものだと判断して、日頃から生活態度に注意をする必要があるのです。

審査期間中に交通違反を起こした時の対処法

帰化申請期間中に交通違反を起こした場合は、自分の非を認め警察の取り調べに応じたほうが良いでしょう。
軽微なものであれば不問にされることもありますが、
警察官への対応によっては帰化申請に問題ありと判断され、役所に報告されることもあるようです。警察署からの質問に対しては誠実な対応を心がけましょう。
特に酒気帯び運転や無免許運転、過失割合の大きい人身事故などは、例え一回でも帰化申請が不許可となってしまうことがありますので注意が必要です。
できれば、帰化申請中は、車に乗らないように生活したほうが無難です。
弊所で帰化申請をサポートさせて頂く場合は依頼者には出来るだけ車の運転は控えるほうが良いと伝えています。
重大な交通違反をしてしまった場合は、最低五年申請を待ちましょう。

当事務所が出来ること

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日韓国人の方の帰化許可申請、日本人配偶者の方の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成、国籍喪失の届け出までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!