ブログ

犯罪歴がある方の帰化申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化申請を考えておられる方に、自身や家族の方が過去に捕まったことがあり、
帰化出来るのかと心配される方がいらっしゃいます。
今日は、過去に犯罪歴がある方の帰化申請についてお話します。

犯罪歴がある方の帰化申請

犯罪歴のある方、若しくは世帯の中に犯罪歴のあるご家族がいらっしゃる方の帰化申請の時期について説明します。
帰化は世帯で判断されるため、自身が善良でも世帯の中に犯罪歴のあるご家族がいらっしゃる場合は、注意が必要です。

確実に帰化申請が出来るのは、過去に禁錮以上の実刑を受けた場合は、
その執行を終わりもしく受けることがなくなった日から10年以上が経過し、刑の言渡しの効力が消滅した時です。
過去の犯罪が軽微な罪と認められれば5年で申請の可能性はありますが、交通事故で数十万円の略式命令を受け支払ってからでも申請は5年後からという扱いです。
帰化申請は総合的に帰化が妥当だと判断されれば帰化できますので、人によっては10年よりも短く帰化出来た方もいます。要するにケースバイケースです。

執行猶予期間が経過し、刑の言い渡しの効力が消滅したら帰化申請できるかというと、すぐに許可申請をするのは難しいです。
帰化の要件である素行要件を満たしているかどうかの判断をするには早すぎるためです。
法務局に相談しても、管轄で判断(申請が出来るか、おそらく許可は出るか)は出来ず、本省の判断となります。
犯罪歴がある場合は一定期間以上(出来れば10年)待たないと難しいのが現状です。

当事務所が出来ること

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日韓国人の方の帰化許可申請、日本人配偶者の方の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成、国籍喪失の届け出までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!