ブログ

【永住】と【帰化】2つの違いと許可のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

日本に在留する外国人の中には、日本での生活が長く「永住権」を持っている人がいます。
一方、日本の国籍を取得して、帰化する外国人もいます。
この永住と帰化は、一体どう違うのでしょうか。
今日は永住と帰化の違いと、許可のポイントをお知らせします。

永住と帰化の違い

■永住とは?

永住権とは、外国人が在留期間を制限されることなく、日本で住み続ける権利のことです。
既に日本での在留資格を持っている外国人が、永住権を得るためには、入国管理局に対して永住許可申請を行います。
永住権を得ても、日本の国籍を取得するわけではありません。
よって、選挙権・被選挙権はありませんし、日本のパスポートを取得することは出来ません。
ただし、一部の自治体では、永住権を持つ外国人にも、選挙権が認められています。

注意する点としては、永住ビザを取得していても、再入国許可を取得しないまま、1年を超えて日本を離れたような場合には、永住権が取り消されてしまいます。
また、犯罪を犯した場合等に永住権を取り消される場合もあります。

■帰化とは?

帰化とは、外国人が日本の国籍を取得することです。
複数の国籍を持つことができる国もありますが、日本では国籍は一つしか認められていませんから、日本に帰化したら、今の国籍を喪失しなければなりません。
帰化すると、日本人になりますから、ビザの更新や届出はなくなります。
また、選挙権や被選挙権を持つことができ、就労についても制限がなくなります。
帰化するためには、住所地を管轄する法務局に対し、帰化申請を行います。

帰化のメリットは?

では、永住よりも手厚い帰化のメリットは何でしょうか。

①日本人の名前を持てる
日本人になるので、今までの名前から日本人の名前に変えることができます。
帰化し、日本人らしい名前になることで、日本で生活しやすくなるという一面もあります。

②日本の戸籍を持てる
日本人になるので、自分の「戸籍」を持つことができます。結婚をしていれば、夫の戸籍に入ることが出来ます。

③日本のパスポートを持てる
国籍が日本になるので、日本のパスポートを持つことができます。
このパスポートが今後身分証明書となりますので、今までのように在留カードを所持しておく必要がなくなります。

④社会保障で日本人と同じ権利を持てる
日本人として住民登録されるので、社会保障で日本人と同じ権利を持つことができます。

⑤参政権を持てる
18歳以上であれば、国政選挙はもちろん、地方自治体の選挙でも投票することができます。
また、一定の年齢が来れば、国政選挙、地方自治体の選挙で立候補することもできます。

⑥ローン、融資を利用しやすくなる
帰化することで、銀行との取引がしやすくなると言われています。
在留資格の場合と違い、日本から離れる可能性がなくなるので、
融資を受けたり、ローンを組んだりすることが以前よりも容易になります。

詳しくはこちらから
帰化するための要件とは
帰化申請の前にチェックするポイント
帰化するための生計要件
帰化するための素行要件

帰化の許可ポイントは?

帰化されるか否かは、帰化要件を満たしているか、申請書や資料などがそろっているか、申請する本人の素行に問題ないか、などがポイントです。
外国人が今までの国籍を放棄して「日本人」になるのですから、かなり慎重に検討されます。
そして最終的には、法務大臣の決裁事項ですから、法務大臣の裁量にかかっていますので、申請したからといって必ず許可されるものではありません。
帰化は今までの国籍を放棄して、日本の国籍だけを持つ手続きですから、永住よりも厳密な審査が行われます。

当事務所が出来ること

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日韓国人の方の帰化許可申請、日本人配偶者の方の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。

・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!