ブログ

韓国に戸籍がない?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。
その中でも、韓国戸籍の収集に苦労する方が多いかと思います。
苦労して戸籍を韓国に請求したら、戸籍がないという事態が起こることが多々あります。
このような場合はどうしたら良いでしょうか。
今日は、韓国に戸籍がない場合の帰化申請についてお話いたします。

韓国に戸籍がない場合の帰化申請

原則帰化申請には本国の戸籍添付が必要です。
韓国に戸籍が無かった場合、管轄の法務局やケースにもよりますが、帰化申請前に韓国の戸籍の整理をする必要が出てくる場合があります。

戸籍整理申請とは

在日韓国人の方の中には、出生や婚姻、離婚、死亡の各種届出を日本の役所にしかしておらず、韓国に届出をしていない状態の方が多くいらっしゃいます。
日本生まれの方は、国籍が韓国であっても、韓国側への届出が必要であるということを知らない方も実際多いのです。
では、韓国への届出をしていないとどうなるのか?

まず、日本にいる韓国籍の方には、日本国籍者が持っている「戸籍」がありませんので、
普段の生活での支障はほぼありませんが、「戸籍」にあたるものが必要になった時に大変困ってしまうのです。
例えば韓国のパスポートを作る時、結婚をする場合、帰化申請をする場合、相続が発生した時などです。

日本の「戸籍」にあたるものが韓国の「家族関係登録証明書」という証明書です。
この証明書は、上記の各種届出を韓国領事館へ届け出ることで記録されます。
実父母が韓国へあなたの出生届出をしていない場合、韓国の戸籍にはあなたの名前は存在しないことになっています。
そしてあなたが結婚の時に韓国へ婚姻の届出を行わなかった場合、韓国の戸籍上では独身となっています。

戸籍整理とは、届出が漏れてしまったものを順番に申請し、現状と同じ状態の戸籍に整理していくことです。
現状に合わせた戸籍を韓国で作り、その戸籍を取り寄せ、翻訳して、帰化申請に添付するのです。

当事務所が出来ること

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日韓国人の方の帰化許可申請、日本人配偶者の方の帰化許可申請手続きを得意としております。
戸籍整理の相談、面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。

・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!