ブログ

帰化申請に必要な戸籍って?~韓国籍の場合~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化申請に必要な戸籍って?~韓国籍の場合~

 

弊所では、韓国籍の方の帰化申請を多く受任させて頂いております。

帰化申請には、様々な添付書類が必要ですが、今回は戸籍収集についてお話します。

1.除籍謄本+5種類の証明書の添付が必要

 

帰化申請の際には、本国から戸籍を取り寄せ、添付する必要があります。

申請者本人の除籍謄本(2007年12月31日までの戸籍)と、2008年1月1日に施行された「家族関係登録制度」に基づく登録事項証明書を添付します。

母親の除籍謄本や家族の証明書等も必要となってきます。(必要書類は個別で異なります。)

また、戸籍を収集した後に翻訳が必要です。

帰化後に日本で戸籍を編成する際に、身分事項をしっかり国に届け出る必要があるのです。

登録事項証明書は、5種類に分けられます。

・基本証明書  (申請者の情報が記載されたもの)
・家族関係証明書(家族の情報が記載されたもの)
・婚姻関係証明書(婚姻の情報が記載されたもの)
・入養関係証明書(日本の普通養子に該当します。)
・親養子入養関係証明書(日本の特別養子縁組に類似したものです。)

韓国では、2008年1月1日に新しい家族関係登録制度が生まれ、身分事項が以上の証明書に記載されることとなりました。

2.除籍謄本、証明書は日本国内で取得できる?

 

韓国の除籍謄本、証明書は日本国内の韓国大使館、領事館で取得することが出来ます。

東京・大阪・福岡の3箇所の領事館は、家族関係登録簿の各種証明書及び電算化された除籍謄本に限り即日発行してくれます。

郵送でも対応してもらえますが、領事館によっては数週間から1ヵ月取得までにかかることがあります。

大使館HPはこちら
領事館の管轄はこちら

3.翻訳は、自分で行っても良い?

 

戸籍の翻訳は、翻訳業者や資格者がする必要がありませんので、

ハングルが正確に読める方であれば、自身で翻訳をして頂いて構いません。

ただし、翻訳文の末尾に翻訳者の署名もしくは記名・捺印をしておく必要があります。

以下に、帰化に関するQ&Aが記載されています。

 法務省 帰化 Q&Aはこちらからご覧ください。
 

当事務所が出来ること

自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご依頼ください。
当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。
まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。
平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。
・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!