ブログ

帰化する為に必要な日本語能力はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化は、申請すれば必ず帰化できるものではありません。
毎年一部の方が不許可となっております。
帰化する為には、『日本語レベル』が問題となってきます。
今日は、帰化する為に必要と言われている日本語能力についてお話します。

帰化する為に必要な日本語能力はどれくらい?

日本の学校教育を受けていない方が帰化を希望する場合は、
法務局の事前相談に伺った際に、日本語のテストを受けることになることが多いです。
能力としては、『小学校3年生の国語ドリル程度の問題が解けること』が求められるようです。

満点に近い成績が要求されます。
帰化申請までに、市販のドリルで満点が取れるように練習をしましょう。
申請の際に、宣誓書を音読しますので、宣誓書の漢字もしっかり読めるように練習をしましょう。

当事務所が出来ること

帰化申請をするためには、事前のヒアリングが何より重要です。
法務局の事前相談の前に、帰化専門の行政書士に相談してください。

事前相談後、たくさんの書類を集める必要があります。
「途中まで必要書類を収集したけれど、進まなくなったので依頼したい。」
「帰化申請出来るのか教えて欲しい。」というご相談を頂くこともあります。
自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご相談ください。

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。

・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!