ブログ

在日韓国人・朝鮮籍の方の帰化要件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

今日のテーマは、在日韓国人・朝鮮籍の方の帰化要件について。
書類収集に入る前に、帰化要件をしっかりチェックしないといけません。
せっかく書類を集めても、帰化要件をクリアしていないと帰化が許可されることはないからです。
では早速、在日韓国人・朝鮮籍の方の帰化要件を見ていきましょう。

在日韓国人・朝鮮籍の方の帰化要件

① 引き続き5年以上日本に住所を有すること

② 20歳以上で、本国法によって能力を有すること

③ 素行が善良であること

④ 自己又は生計を一(ひとつ)にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことが出来ること

⑤ 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと

⑥ 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、
もしくは主張する政党その他の団体を結成したことや、これに加入したことがないこと (国籍法第5条第1項)

条文で見るとわかりづらいので、在日韓国人・朝鮮籍の方に当てはめて考えてみましょう。

上記①
引き続き5年以上日本に住んでいるのはクリアしているかと思います。
住民票が5年日本にあるだけではダメです。
実態として5年以上日本に住んでいなければなりません。
海外出張が多い場合は、クリアできない可能性がありますが、以下の場合①の条件が緩和されます。

1.両親のいずれかが日本人である場合
2.未成年の時に日本人の養子となり、現在も日本人の養子である場合
3.日本で生まれた場合
4.日本人と結婚している場合
5.両親のいずれかが以前日本人だった場合

上記②
20歳以上の在日韓国人・朝鮮籍の方なら問題ないかと思います。
未成年の場合でも、ご両親のいずれか一方と生計を共にしていて、一緒に帰化申請する場合には、20歳以上という条件が免除されるので申請可能です。

上記③
素行条件はとても重要な要件です。
素行が善良とは、こうだから素行が善良という明確なものがありません。
主に以下の点を注意する必要があります。

1.刑事罰や行政罰の有無(過去に逮捕された経歴や、執行猶予中、交通違反を繰り返した等といったことはありませんでしたか?)
2.納税の義務を果たしているか(税金の滞納がある場合は、申請は難しいです。)

上記④
生活に困らないだけの安定した収入や蓄えがあるかどうかを見られます。
主夫・主婦や学生の場合、申請できないということはありません。
収入は、「生計を一にする親族」単位でみられますので、扶養する親族の方が生活に困らないだけの安定した収入や蓄えがあれば申請可能です。
また、学生の場合、親から仕送りを受けてお金に困らず生活をしている場合も大丈夫です。

上記⑤
在日韓国人・朝鮮籍の方なら問題ありません。

上記⑥
こちらも通常問題となることはありません。

以上から、特に注意が必要なのは、③と④の要件です。
申請の準備を始める前に今一度確認をしましょう。

当事務所が出来ること

帰化申請をするためにはたくさんの書類を集める必要があります。
書類収集の前のヒアリングが何より重要です。
「途中まで必要書類を収集したけれど、進まなくなったので依頼したい。」
「帰化申請出来るのか教えて欲しい。」というご相談を頂くこともあります。
自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご相談ください。

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。

・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!