ブログ

日本人と結婚~帰化は結婚前、結婚後?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

日本人と結婚~帰化は結婚前、結婚後?~

今日は、日本人のBさんと結婚することが決まったAさん(韓国籍)の帰化のタイミングがについてお話します。
結婚前と、結婚後違いを見ていきましょう。

帰化する前に日本人と結婚する場合

① 本国から戸籍を取り寄せ、日本の役所に婚姻届を提出

帰化していない状態で、日本人と結婚すると、「国際結婚」という扱いになります。
婚姻届を出す前に、韓国から婚姻届に添付する書類を集めなければなりません。
以下の書類を、韓国から取り寄せます。(日本国内の韓国領事館でも取得可能です。)

・Aの「基本証明書」「婚姻関係証明書」「家族関係証明書」
(家族関係証明書は不要な場合があります。婚姻届を出す役所に事前に必要な証明書を確認しましょう。)
また、上記の証明書は韓国語ですので、日本語に翻訳した翻訳文書も併せて添付します。

Aさんは、Bさんと結婚してもBさんの戸籍には入れません。
Aさんの戸籍は韓国に、Bさんの戸籍は日本にあるからです。
婚姻すると、Bさんの戸籍に以下の記載が入ります。

[婚姻日] 平成〇〇年〇月〇日
[配偶者] A(通称名ではなく、本国名が入ります。)

② 韓国に婚姻届を提出

日本に婚姻届を提出後、韓国にも婚姻届を提出する必要があります。
日本国内の韓国領事館で申請可能です。
原則以下の書類が必要となります。

① Aの外国人登録カード
② 韓国の家族関係証明書・婚姻関係証明書(こちらは韓国に申請するので翻訳不要です)
③ 日本の婚姻届の受理証明書+翻訳文書(受理証明書を韓国語に翻訳したもの)

③ いよいよ帰化申請へ

日本の方と結婚後に帰化申請する場合は、結婚前に申請する場合と比べ以下の書類が増えます。

・Bさんの戸籍謄本
・Bさんの住民票
・Bさんの申請直前の給与明細書
・Bさんの源泉徴収票
・Bさんが事業をしている場合は、確定申告書等の事業に関する書類一式
・Bさんの父母の氏名、生年月日等の情報

帰化申請は、現在申請から8ヵ月~2年ほどで許可が出ている状況です。
申請したからといって、必ず許可されるとは限りません。
許可となれば、AさんはBさんと一緒に新しい戸籍を作ります。
苗字も自由に決めることが出来ます。

帰化した後に日本人と結婚する場合

帰化した後に結婚したほうが、帰化申請時の作成書類・収集書類は少ないです。
帰化後、Aさんはまず単独の日本国籍を作り、韓国籍を失います。
Bさんとの婚姻によって同じ戸籍に入ります。
婚姻届を出す時には、二人とも日本人ですので、日本人と同様に婚姻届を提出することが出来ます。
翻訳等は必要ありません。

以上のことから、帰化後に結婚される方が手続きはスムーズです。
本国から来日されて5年以内という方の場合は、日本人配偶者と結婚していることがメリットとなったりします。

当事務所が出来ること

弊所では婚姻時の韓国戸籍の取り寄せから、翻訳、帰化申請までトータルでサポートさせて頂きます。
「途中まで必要書類を収集したけれど、進まなくなったので依頼したい。」というご相談を頂くこともあります。
帰化申請の書類の中には、有効期限が切れると再度取得する必要があるものもあります。
自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご相談ください。

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。

・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!