ブログ

帰化申請に必要な書類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化申請に必要な書類は?

今日のテーマは、帰化申請に必要な書類について。
申請先の管轄法務局や申請者によって異なる点もありますが、
一般的に必要な書類をお知らせします。

作成する書類

(1)帰化許可申請書(写真を貼り付けます。)
(2)親族の概要を記載した書面
(3)履歴書
(4)自動車免許証写し
(5)帰化の動機書(特別永住者は不要)
(6)宣誓書
(7)生計の概要を記載した書面
(8)在勤及び給与証明書(社員カードで対応できる場合もあります。)
(9)事業の概要を記載した書面(申請者または同一世帯に会社役員の方がいる場合作成)
(10)居住・勤務先・事業所付近の略図

集める書類

(1)最終卒業証明書or卒業証書(卒業した学校から発行してもらいます。)
(2)在学証明書(在学している学校から発行してもらいます。)
(3)技能及び資格証明書
(4)土地・建物登記事項証明書(所有している不動産について登記事項証明書を法務局で発行してもらいます。)
(5)預貯金通帳の写し
(6)賃貸契約書の写し
(7)本国の戸籍謄本(韓国の場合は、5種類の証明書)
(8)国籍証明書
(9)出生届、婚姻届(本人・父母)、死亡届等の記載事項証明書
(10)その他(養子縁組、認知、親権、裁判を証する書類)
(11)母方の除籍謄本
(12)日本の戸籍謄本
(13)パスポート
(14)住民票(世帯人数分)
(15)会社登記簿謄本(申請者または同一世帯に会社役員の方がいる場合取得する)
(16)営業許可書、免許書類の写し
(17)納税証明書(世帯分・会社役員である場合は会社分も)
(18)源泉徴収票
(19)確定申告書
(20)運転記録証明書(5年分)
(21)その他(家族写真等)

当事務所が出来ること

以上の書類一覧からもわかるように、帰化申請をするためにはたくさんの書類を集める必要があります。
「途中まで必要書類を収集したけれど、進まなくなったので依頼したい。」というご相談を頂くこともあります。
書類の中には、有効期限が切れると再度取得する必要があるものもあります。
自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご相談ください。

当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。

まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。

平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。

・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!