ブログ

帰化後の氏名に悩んだらこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

帰化申請

帰化後の氏名はいつまでに決める必要がある??

帰化後の氏名は、『帰化申請の受付時』までに決めなければなりません。
帰化申請書に、帰化後の氏名について記載しなければならないからです。
帰化が許可された後に氏名を変更することはとても難しいので、
帰化をお考えの方は、氏名についてじっくり考えてみましょう。
では、どんな文字が使えるのでしょうか。

帰化後の氏に使える文字

【常用漢字】
平成22年11月30日に告示された『常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)』に掲載されている2136字の漢字から選ぶ必要があります。

詳細はこちら

【戸籍法施行規則別表第二の一に掲げる文字】
俗にいう人名用漢字です。

【ひらがな】
漢字以外でも、ひらがなは戸籍法施行規則第60条第3号にて子供の名前として使用することが出来ます。
但し変体かな(旧字体)は使えませんのでご注意ください。

【カタカナ】
ひらがなと同様に戸籍法施行規則第60条第3号にて使用することが出来ます。

【長音符】
『ニャース』『こーじ』のように音を伸ばす文字『ー』も使用することが出来ます。

【踊り子】
『野々村』や『みすゞ』の『々』『ゞ』ように繰り返しを表す符号も使うことが出来ます。

【その他】
以下のものも使用することが出来ます。

漢和字典やそれらが準拠する康熙字典において「正字」「本字」とされた文字
隆、慨、概、免の旧字
国字で上記までに準ずる字体
平成2年10月20日付第5200号通達別表に掲げる字体
平成2年10月20日付第5202号通知別表の「正字」欄に掲げる字体

帰化後の名に使える文字

【常用漢字】
平成22年11月30日に告示された『常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)』に掲載されている2136字の漢字から選ぶ必要があります。

詳細はこちら

【戸籍法施行規則別表第二の一に掲げる文字】
俗にいう人名用漢字です。

【ひらがな】
漢字以外でも、ひらがなは戸籍法施行規則第60条第3号にて子供の名前として使用することが出来ます。
但し変体かな(旧字体)は使えませんのでご注意ください。

【カタカナ】
ひらがなと同様に戸籍法施行規則第60条第3号にて使用することが出来ます。

【長音符】
『ニャース』『こーじ』のように音を伸ばす文字『ー』も使用することが出来ます。

【踊り子】
『野々村』や『みすゞ』の『々』『ゞ』ように繰り返しを表す符号も使うことが出来ます。

当事務所が出来ること

帰化後の氏名が使用できるかどうかお伝えさせて頂きます。
一緒に帰化申請までに考えることも可能です。

自身での帰化申請が難しい方は、当事務所にご依頼ください。
当事務所では、帰化許可申請を何度も受任してきました。
特に在日朝鮮・韓国人の帰化許可申請手続きを得意としております。
面談同行から戸籍収集、書類作成までお任せください。
まずは相談予約をお取りください。
帰化申請は、プライバシーに関わる質問も多くさせて頂きます。
所要時間は1時間程度です。
平日夜や土日祝日の相談もお受けいたします。都合の良い日時をお知らせください。
自身で途中まで書類収集をされた方、他の行政書士に相談して断られた方なども是非ご相談ください。

~相談時必要書類一覧~ 以下を揃えて頂けるとスムーズです。
・外国人登録証明書または在留カード写し
・運転免許証
・源泉徴収票、確定申告書
・ねんきん定期便
・ローン返済予定表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!