ブログ

異父兄弟・異母兄弟と揉めないためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

「相続で悩んでいます」そういった相談を受け、
よくあるケースが異母兄弟、異父兄弟がいる場合です。
異父兄弟、異母兄弟と会ったことがなく、または親が亡くなるまで知らなかったケースが多々あります。

相続が起きると、会ったことのない異父兄弟・異母兄弟から実印をもらわない限り、不動産や預金の名義変更は出来ません。
では相続が起きる前に、出来ることは無いのでしょうか。
今日は、そのお話をします。

公正証書遺言を作成しましょう

離婚や死別、認知等により父親または母親が違う子供をお持ちの方は、
子供たちのために公正証書遺言を作成することをお勧めします。

遺言を遺さない限り、相続が起きると子供たちはお互いに連絡を取り合わなければなりません。
連絡先や住所地がわからず困っている、異父兄弟・異母兄弟に会いたくないといって専門家を頼る方を多くみてきました。

また、特定の子供に多く財産を遺したい場合などは、しっかりその内容を適正な遺言に書いておかないと、その通りに財産が分けられるかは定かではありません。
公正証書遺言を作成しておけば、遺言内容の執行は遺言執行者(多くの場合は専門家に任せます)に任せて、
遺された子供が会ったこともない異父兄弟・異母兄弟に会わずして名義変更が可能です。
公正証書遺言は、作成後でも内容の変更・撤回が可能です。

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き・公正証書遺言作成のサポートをさせて頂いております。
当事務所で手続き出来ないものは、提携している弁護士、司法書士を責任を持ってご紹介します。
相続・遺言手続きでお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!