ブログ

親が遺言を遺していたか確認する方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

相続手続きは、正式な「遺言書」があるかどうかで手続きの流れが変わってきます。
では、家族が把握している以外に遺言書があるかを確認する方法はあるでしょうか。
今日は、遺言書があるかどうかの確認方法について説明いたします。

遺言書があるかどうかの確認方法

生前に、亡くなった方が「公正証書遺言」を残していれば、
公証役場の「遺言検索システム」により、遺言の存在を確認することができます。

公正証書遺言を作成している場合は、ほとんどの場合最寄りの公証役場で作成していると思いますので、
最寄りの公証役場に公正証書遺言の有無を確認してみると良いでしょう。

全国の公証役場はこちら

問い合わせの際には、下記の書類が必要です。
下記の証明書を用意すれば、全国どこの公証役場でも遺言書の有無と公正証書遺言が保存されている公証役場を教えてもらうことができます。
まずは、公証役場へ電話して、必要書類を確認すると良いでしょう。

① 除籍謄本(被相続人が亡くなったことが記載されている戸籍)
② 改製原戸籍等(被相続人とあなたの関係がわかる戸籍)
③ 本人確認書類(運転免許証など顔写真入りの公的なもの)

相続が起こった場合、残された遺族は、まず遺言があるかどうか調査する必要があります。
自分で書いたような遺言書「自筆証書遺言」については、公証役場に保管がないため、
親が保管していそうなところをひたすら探すか、
大体の場合は、相続人の一人に保管場所を教えていますので、
相続人の中で遺言の存在をしっている人がいないか聞きます。
しかし、自分に有利な遺言書の存在を相続人の一人が知っていたとなると、後々トラブルになる可能性もあります。

せっかく遺言をのこしても。遺言をのこした人が亡くなった後に遺言書が見つからなければ何の役にも立ちません。
見つからないということにならない為に、遺言書を書くときは「公正証書遺言」を作成しましょう。
公正証書遺言の作成方法を紹介!

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き、遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
行政書士は、予防法務の専門家です。
後々トラブルにならないような遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
遺言書作成、遺言執行などでお困りの方は当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!