ブログ

公正証書遺言の証人になれない人とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

公正証書遺言を作成する為には、「証人が2人」必要です。
証人とは、どのような人にお願いすれば良いでしょうか。
証人になれない人はいるのでしょうか。
今日は、公正証書遺言の証人について、お話いたします。

証人になれない人とは?

以下の条件の方は、民法974条により証人欠格者にあたるため、公正証書遺言作成時の証人になることができません。

民法 第974条 次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。

 一 未成年者
 二 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
 三 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

① 未成年者は、証人となることが出来ません。

② 遺言者の推定相続人、そして遺言内で受遺者に指定した人(相続人ではないが、遺産をもらう人)は、証人となることが出来ません。また、上記の方の配偶者や、直系血族(祖父母、父母、子、孫等)も証人となることが出来ません。

③ 公証人の配偶者や、四親等内の親族、書記及び使用人も証人となることが出来ません。

証人2人が決まったら、①②を満たすか確認し、③については公証人に確認してもらいましょう。
公証役場所在地はこちらから

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き、遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
行政書士は、予防法務の専門家です。
後々トラブルにならないような遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
相続手続きについても、相続人調査、財産調査、遺産分割協議書の作成までお任せください。
相続・遺言書作成でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!