ブログ

一度作った遺言書は、撤回できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相続・遺言

以前に作った公正証書遺言の内容を変更することは可能でしょうか。
今日は、「一度作った遺言書は、撤回できるのか」というテーマでお話をします。

新しい遺言を作れば撤回できる

公正証書遺言の原本は、公証役場に保管されています。
公正証書作成時に、「正本」と「謄本」をもらったかと思いますが、正本と謄本を破棄しただけでは遺言を撤回したことにはなりません。

公正証書遺言を撤回するには、「以前の遺言を撤回する」という内容の新しい遺言を作らなければなりません。
公証人費用についてはこちらから⇒ 公証人費用

新しい遺言書は、公正証書遺言でも直筆で書かれた自筆証書遺言でも構いませんが、
自筆証書遺言の場合は、相続後に裁判所の検認手続きを受けなければならず、
撤回前の公正証書遺言を悪用される危険もあります。
トラブルを避けるため、そして確実に想いを実現するにはやはり公正証書遺言がお勧めです。

公正証書遺言のすすめ

当事務所が出来ること

当事務所では、開業以来多くの相続手続き、遺言書作成のサポートをさせて頂いております。
遺言書案作成、遺言書の変更案作成、相続人調査、財産調査、遺産分割協議書の作成までお任せください。
相続・遺言書作成でお困りの方は、税理士・社労士・行政書士が揃った当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
電話問い合わせはこちらから!