相続・遺言

  1. 遺言書が無効になる5つのパターンとは?

    相続・遺言相続が起こり、家族で遺品整理をしていたところ、自筆の遺言書が見つかりました。せっかく生前に遺言書を作成しても、内容に不備があり無効となってしまうパターンがあります。相続人全員が遺産分割協議書に実印を押印しないと、名義変更が出来なくなってしまいます。

    続きを読む
  2. 相続の順位とは?

    相続・遺言相続が起こり、家族で相続について話し合いをしなければならなくなりました。相続が起こると、まず「誰が遺産をもらう権利があるのか=相続人なのか」を確定させる必要があります。一体誰が相続人となるか、確認してみましょう。

    続きを読む
  3. 遺産相続で特に揉めやすい5つのケース

    相続・遺言相続が起こり、相続人で話し合いをしようとしましたが、なかなか話し合いが出来ない、まとまらない。我が家は相続で揉めないと思っていたのに・・・こんな話をよく耳にします。

    続きを読む
  4. 遺言によってできること

    相続・遺言遺言では、遺産を相続させるか否か、相続させる場合の分割方法、相続分の指定などを行うことができます。生前に残した財産をを円満に相続してもらいたいと思った方には、遺言書に残しておくことをお勧めします。今日は、遺言によってできることをお話します。

    続きを読む
  5. 相続人の中に認知症の者がいる場合

    相続・遺言相続が起こり、相続人で話し合いをしようとしましたが、相続人の一人が認知症となってしまいました。こういった場合はどうしたら良いでしょうか。今日は相続人の中に認知症の者がいる場合についてご説明いたします。

    続きを読む
  6. 相続人が全国に散らばっている場合に便利な証明書とは

    相続・遺言相続が起こり、相続人で話し合い、遺産の分割方法が決まりました。しかし、子供は皆県外へ出て、皆の署名押印を集めるのに、手間がかかり困っているという相談を受けることがあります。今日はそんな場合に便利な「遺産分割協議証明書」についてお話します。

    続きを読む
  7. 増加する公正証書遺言

    相続・遺言相続は、ある日突然訪れます。突然起こる相続の前に、しっかり自分の気持ちをカタチにすること=遺言を残すことをお勧めしています。遺言を作成すれば、自分の気持ちを遺された家族に示すことが出来ます。今日は、近年増加する「公正証書遺言作成」についてお話します。

    続きを読む
  8. 見落としがちな相続名義変更手続き

    相続・遺言相続手続きは、数十種類に及びます。不動産の名義変更はしっかりしなければならないと分かっておられる方が多いですが、中には放っておかれる方がいらっしゃったり、見落としがちな手続きがあります。今日は、その見落としがちな手続きについてお知らせいたします。

    続きを読む
  9. 忘れがちな相続手続きとは?

    相続・遺言相続手続きは、数十種類に及びます。不動産や預貯金の名義変更は、皆さんしっかりしなければならないと分かっておられますが、忘れがちな手続きがあります。今日は、その忘れがちな相続手続きについてお知らせいたします。

    続きを読む
  10. 相続の承認・放棄はいつまでに決める?

    相続・遺言相続が起こると、まずは相続人を確定し(相続人調査)、その後相続財産の調査を行います。相続財産の調査が終わったら、財産を引き継ぐのか、財産を放棄するのかを決めなければなりません。相続の承認、放棄にはどのような手続きが必要なのでしょうか。

    続きを読む
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!