相続・遺言

  1. 相続人に未成年がいる場合の手続き方法とは?

    相続・遺言相続が起こり、未成年が法定相続人の中にいた場合は、どうしたら良いでしょうか。急な不幸により、未成年が相続人となることは多々あります。今日は、相続人に未成年がいる場合の手続き方法についてお話します。

    続きを読む
  2. 相続人に認知症がいる場合

    相続・遺言相続が起こり、相続人の調査、財産調査を終えて遺産分割協議を相続人で行おうとしたところ、相続人の1人が認知症となっていました。認知症となっている相続人は、家族が亡くなったことをしっかり理解できてません。そういった場合、遺産分割協議はどうしたら良いでしょうか。

    続きを読む
  3. 遺言を遺した場合と遺さなかった場合の違い

    相続・遺言遺言を遺して亡くなった場合と、遺さず亡くなった場合では、亡くなった後の手続きの流れが大幅に変わってきます。自身が亡くなった後に、手続きをスムーズにする為、そして自分の想いをカタチに遺し、しっかり家族に伝える為に「公正証書遺言」の作成をお勧めしています。

    続きを読む
  4. 遺言書が無効になる5つのパターンとは?

    相続・遺言相続が起こり、家族で遺品整理をしていたところ、自筆の遺言書が見つかりました。せっかく生前に遺言書を作成しても、内容に不備があり無効となってしまうパターンがあります。相続人全員が遺産分割協議書に実印を押印しないと、名義変更が出来なくなってしまいます。

    続きを読む
  5. 相続の順位とは?

    相続・遺言相続が起こり、家族で相続について話し合いをしなければならなくなりました。相続が起こると、まず「誰が遺産をもらう権利があるのか=相続人なのか」を確定させる必要があります。一体誰が相続人となるか、確認してみましょう。

    続きを読む
  6. 遺産相続で特に揉めやすい5つのケース

    相続・遺言相続が起こり、相続人で話し合いをしようとしましたが、なかなか話し合いが出来ない、まとまらない。我が家は相続で揉めないと思っていたのに・・・こんな話をよく耳にします。

    続きを読む
  7. 遺言によってできること

    相続・遺言遺言では、遺産を相続させるか否か、相続させる場合の分割方法、相続分の指定などを行うことができます。生前に残した財産をを円満に相続してもらいたいと思った方には、遺言書に残しておくことをお勧めします。今日は、遺言によってできることをお話します。

    続きを読む
  8. 相続人の中に認知症の者がいる場合

    相続・遺言相続が起こり、相続人で話し合いをしようとしましたが、相続人の一人が認知症となってしまいました。こういった場合はどうしたら良いでしょうか。今日は相続人の中に認知症の者がいる場合についてご説明いたします。

    続きを読む
  9. 相続人が全国に散らばっている場合に便利な証明書とは

    相続・遺言相続が起こり、相続人で話し合い、遺産の分割方法が決まりました。しかし、子供は皆県外へ出て、皆の署名押印を集めるのに、手間がかかり困っているという相談を受けることがあります。今日はそんな場合に便利な「遺産分割協議証明書」についてお話します。

    続きを読む
  10. 増加する公正証書遺言

    相続・遺言相続は、ある日突然訪れます。突然起こる相続の前に、しっかり自分の気持ちをカタチにすること=遺言を残すことをお勧めしています。遺言を作成すれば、自分の気持ちを遺された家族に示すことが出来ます。今日は、近年増加する「公正証書遺言作成」についてお話します。

    続きを読む
2019年8月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!