相続・遺言

  1. 死期が迫った場合、遺言を作成できる?

    相続・遺言かなり限定されますが、普通方式以外で遺言をを遺すことが出来る場合があります。今日はどんな時に普通方式以外で遺言をを遺すことが出来るのかをご説明いたします。

    続きを読む
  2. 胎児でも相続人となるのでしょうか?

    相続・遺言Q.急な事故で夫が亡くなりました。我が家は、私と3歳の長女、そしてお腹の中には来月産まれる次女がいます。こういった場合、次女は相続人となるのでしょうか。そして、相続人となるにしてもどういった手続きをする必要があるのでしょうか。

    続きを読む
  3. 帰化しても相続時に韓国戸籍が必要?

    相続・遺言日本に帰化すると、もう本国の戸籍類は一生必要ないと思われる方が多々おられます。しかし、実は帰化していても、相続時に「出生から帰化までの戸籍」が必要となってくるのです。帰化申請時に、戸籍は集めたけれど、控えは無いといったケースが多々あります。

    続きを読む
  4. 相続手続きを放置するデメリットとは?

    相続・遺言相続が起こり、諸手続きをしなけれなならないとわかってはいるものの、相続税は絶対にかからないし、手続きに時間と労力がかかるといって放置する方が多く見られます。相続手続きを放置すると、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

    続きを読む
  5. 一度作った遺言書は、撤回できる?

    相続・遺言以前に作った公正証書遺言の内容を変更することは可能でしょうか。今日は、「一度作った遺言書は、撤回できるのか」というテーマでお話をします。新しい遺言を作れば撤回できる公正証書遺言の原本は、公証役場に保管されています。

    続きを読む
  6. 遺留分に反する遺言は無効なのか?

    相続・遺言相続が起こり、自宅を整理していたところ、遺言書が発見されました。その中には、「全ての財産を長男に相続させる」という文言が書いてありました。こういった場合、他の相続人は、相続分を主張できないのでしょうか。

    続きを読む
  7. 自筆証書遺言と公正証書遺言の違い

    相続・遺言相続が起こった後にトラブルとなることを防止する為、「遺言書」を作成する方が増えてきました。遺言書には、大きく分けて自分が直筆で書く「自筆証書遺言」と、公証役場で作成する「公正証書遺言」があります。この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

    続きを読む
  8. 相続人に未成年がいる場合の手続き方法とは?

    相続・遺言相続が起こり、未成年が法定相続人の中にいた場合は、どうしたら良いでしょうか。急な不幸により、未成年が相続人となることは多々あります。今日は、相続人に未成年がいる場合の手続き方法についてお話します。

    続きを読む
  9. 相続人に認知症がいる場合

    相続・遺言相続が起こり、相続人の調査、財産調査を終えて遺産分割協議を相続人で行おうとしたところ、相続人の1人が認知症となっていました。認知症となっている相続人は、家族が亡くなったことをしっかり理解できてません。そういった場合、遺産分割協議はどうしたら良いでしょうか。

    続きを読む
  10. 遺言を遺した場合と遺さなかった場合の違い

    相続・遺言遺言を遺して亡くなった場合と、遺さず亡くなった場合では、亡くなった後の手続きの流れが大幅に変わってきます。自身が亡くなった後に、手続きをスムーズにする為、そして自分の想いをカタチに遺し、しっかり家族に伝える為に「公正証書遺言」の作成をお勧めしています。

    続きを読む
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!