相続・遺言

  1. 自筆証書遺言の書き方

    相続・遺言遺言書を作成しようと思っても、どう書いて良いかわからなかったり、内容に悩んだりすると、年月がどんどん経っていきます。

    続きを読む
  2. 遺産分割協議書を作成する時の注意点とは?

    相続・遺言遺産分割協議書を作成する時の注意点とは?相続人が確定し、相続財産の調査が終わると、「相続人でどう財産を分けるか」の協議(これを遺産分割協議といいます。)にはいります。(遺言書が無い場合)そしてこの協議内容をまとめたものが、「遺産分割協議書」です。

    続きを読む
  3. 相続放棄をする上での注意点とは?

    相続・遺言相続放棄をする上での注意点相続が発生し、マイナスの財産が多いとわかった段階で、裁判所に対し、「相続放棄」を考えられる方が多くいらっしゃいます。相続放棄をすることを決めたら、気を付けなければならないこと、知っておくべきことがあります。

    続きを読む
  4. 孫に遺産を相続させるには?

    相続・遺言相続手続きを受任すると、「子供を飛ばして、孫に遺産を相続させる方法はないのか?」といった相談を受けることがあります。孫に遺産を相続させるにはどうしたら良いでしょうか。今日は、お孫さんが遺産を相続できる場合について、お話します。

    続きを読む
  5. 異母兄弟・異父兄弟にも相続権はあるの?

    相続・遺言相続手続きを進めようとしていたところ、異母兄弟(異父兄弟)がいることが分かりました。実は、こういったことは相続の現場ではよくある話なのです。亡くなった父が実は再々婚で、1人目の妻との間に兄弟姉妹がいた、亡くなった父に認知している兄弟姉妹がいた等。

    続きを読む
  6. 数次相続の際の相続手続きとは?

    相続・遺言相続手続きを進めようとしていたところ、財産をもらう権利のある人(相続人)が亡くなってしまいました。こういった状況を、相続の手続きでは、数次相続(すうじそうぞく)といいます。

    続きを読む
  7. 相続人の住所を特定することができる方法とは?

    相続・遺言相続手続きを進める為には、亡くなった方の「出生~死亡までの除籍謄本」、そして相続人の戸籍抄本が必要です。相続人が確定し、財産調査を終えたら、相続人全員に「遺産分割協議書」に実印を押してもらい、名義変更を行います。

    続きを読む
  8. 郵送で戸籍を取り寄せる方法とは?

    相続・遺言相続手続きを進める為には、亡くなった方の「出生~死亡までの除籍謄本」、そして相続人の戸籍抄本が必要です。戸籍を役所に取りに行く時間がない場合や、遠方に住んでいて役所に取りに行けない場合などは、郵送で請求することが可能です。

    続きを読む
  9. 相続人が誰もいない場合、財産はどうなる?

    相続・遺言相続人が誰もいない場合、財産はどうなるのでしょうか?相続というのは、遺産を引き継ぐことが出来る人(=相続人)の範囲が民法で決まっており、これを「法定相続人」といいます。

    続きを読む
  10. 遺言書を書くタイミングはいつ?

    相続・遺言遺言書を作成しようと思っても、どう書いて良いかわからなかったり、内容に悩んだりすると、年月がどんどん経っていきます。

    続きを読む
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!