相続・遺言

  1. 公正証書遺言のメリットとは?

    相続・遺言遺言書には、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があります。この中で最もお勧めするのは、公正証書遺言です。公正証書遺言は、最も安心で確実な遺言だからです。今日は、公正証書遺言について、そして公正証書遺言のメリットについてお話します。

    続きを読む
  2. 養子も同様の相続分を有する?

    相続・遺言相続が起こると、亡くなった方の出生~死亡までの戸籍を取り寄せ、相続人の確定という作業を行います。養子も実子と同じように相続分を有するのでしょうか。どのような手続きをしたら良いでしょうか。今日は、養子の場合の相続分ついてお話します。

    続きを読む
  3. 会ったことのない相続人がいる場合の対処法

    相続・遺言相続が起こり、相続人の中に会ったことのない相続人がいた場合(異父兄弟、異母兄弟等)は、どのような手続きをしたら良いでしょうか。今日は、会ったことのない相続人がいる場合の対処法についてお話します。

    続きを読む
  4. 兄弟姉妹の相続において気を付けること

    相続・遺言兄弟姉妹が亡くなった場合の相続は、両親や配偶者が亡くなられた場合と少し異なる点があります。今日は、兄弟姉妹が亡くなった場合の注意点についてお話します。兄弟姉妹の相続順位相続の順位については兄弟姉妹は第3順位となります。

    続きを読む
  5. 在日韓国人の相続

    相続・遺言在日韓国人の相続開業以来、在日韓国人の方の帰化、相続、遺言の業務をさせて頂いております。今日は、在日韓国人の方の相続についてお答えします。

    続きを読む
  6. こういう場合の相続人、相続分は?

    相続・遺言こういう場合の相続人、相続分は?相続が起こると、相続人を確定し、財産の調査をします。財産の調査が終わったら、「相続財産を相続人でどう分けるか」を話し合います。これを遺産分割協議といいます。

    続きを読む
  7. 相続の際の寄与分とは?

    相続・遺言相続の際の寄与分とは?相続人が複数いる場合、各相続人に対して財産をどの割合で割り当てるかが民法で決まっています。これを法定相続分といいます。しかし、相続人全員が納得すれば、法定相続分と異なる割合で相続財産を分けることができます。

    続きを読む
  8. 自筆証書遺言の書き方

    相続・遺言遺言書を作成しようと思っても、どう書いて良いかわからなかったり、内容に悩んだりすると、年月がどんどん経っていきます。

    続きを読む
  9. 遺産分割協議書を作成する時の注意点とは?

    相続・遺言遺産分割協議書を作成する時の注意点とは?相続人が確定し、相続財産の調査が終わると、「相続人でどう財産を分けるか」の協議(これを遺産分割協議といいます。)にはいります。(遺言書が無い場合)そしてこの協議内容をまとめたものが、「遺産分割協議書」です。

    続きを読む
  10. 相続放棄をする上での注意点とは?

    相続・遺言相続放棄をする上での注意点相続が発生し、マイナスの財産が多いとわかった段階で、裁判所に対し、「相続放棄」を考えられる方が多くいらっしゃいます。相続放棄をすることを決めたら、気を付けなければならないこと、知っておくべきことがあります。

    続きを読む
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!