相続・遺言

  1. 相続の際の代償分割とは?

    相続・遺言相続が発生し、誰が相続人か分かり相続財産がどれだけあるのかが判明すると、最後に相続人でどう分けるかを話し合う必要があります。その話し合いのことを「遺産分割協議」といい、相続財産を分ける手続きを「遺産分割」といいます。

    続きを読む
  2. 事業承継を考えた遺言書の書き方

    相続・遺言最近は、高齢者以外の方から遺言書の相談が寄せられるようになってきました。特に事業承継を考えておられる方は、いつ何がおこってもよいように備えが必要です。今日は、事業承継を考えた遺言書の書き方についてご説明致します。

    続きを読む
  3. 預貯金を相続するときに知っておいてほしい5つのポイント

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。今日は、相続財産の中でも預貯金を相続する場合の注意点、預金を相続するときに知っておくべきポイントについてお話します。

    続きを読む
  4. 遺留分をなくすことは出来る?

    相続・遺言今日は、よく相続手続きのお客様からお問い合わせを頂く遺留分についてご説明致します。遺留分とは遺留分とは、一定の相続人のために法律上必ず留保しなければならない遺産の一定部分(民法1028条以下)のことをいいます。

    続きを読む
  5. 山林(森林)を相続する場合に必要なこと

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。亡くなった人の不動産に山林(森林)がある場合には、登記以外に役所に対して届出が必要なことはご存知でしょうか。今日は山林の相続、届出についてお話します。

    続きを読む
  6. 遺言書と遺言信託はどう違うの?

    相続・遺言今日は、最近相談の増えてきた遺言と遺言信託の違いについてご説明いたします。遺言書と遺言信託はどう違うの?遺言信託とは、遺言書で遺言執行者を指定したものとほぼ同じ内容のものです。

    続きを読む
  7. 遺産分割協議で相続放棄は出来ません!

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。今日はよく勘違いされている方が多い遺産分割と相続放棄についてお話します。

    続きを読む
  8. 行方不明の相続人がいる場合の相続

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。そして、有効な遺言がない限り、相続人全員が書類に押印をしないと手続きは進みません。

    続きを読む
  9. 不動産の相続手続きに必要な書類とは?

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。今日は、不動産の相続手続きで必要となる書類についてお話します。

    続きを読む
  10. 読んだら分かる!遺言書検認手続き

    相続・遺言相続が発生し、自筆証書遺言若しくは秘密証書遺言が発見された場合は、家庭裁判所で検認手続きを行う必要があります。今日は、遺言書の検認手続きの流れについてご説明いたします。

    続きを読む
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!