相続・遺言

  1. 遺留分をなくすことは出来る?

    相続・遺言今日は、よく相続手続きのお客様からお問い合わせを頂く遺留分についてご説明致します。遺留分とは遺留分とは、一定の相続人のために法律上必ず留保しなければならない遺産の一定部分(民法1028条以下)のことをいいます。

    続きを読む
  2. 山林(森林)を相続する場合に必要なこと

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。亡くなった人の不動産に山林(森林)がある場合には、登記以外に役所に対して届出が必要なことはご存知でしょうか。今日は山林の相続、届出についてお話します。

    続きを読む
  3. 遺言書と遺言信託はどう違うの?

    相続・遺言今日は、最近相談の増えてきた遺言と遺言信託の違いについてご説明いたします。遺言書と遺言信託はどう違うの?遺言信託とは、遺言書で遺言執行者を指定したものとほぼ同じ内容のものです。

    続きを読む
  4. 遺産分割協議で相続放棄は出来ません!

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。今日はよく勘違いされている方が多い遺産分割と相続放棄についてお話します。

    続きを読む
  5. 行方不明の相続人がいる場合の相続

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。そして、有効な遺言がない限り、相続人全員が書類に押印をしないと手続きは進みません。

    続きを読む
  6. 不動産の相続手続きに必要な書類とは?

    相続・遺言相続が発生すると、様々な相続手続きが発生します。不動産、銀行、有価証券などの遺産相続手続きを行うためには、さまざまな必要書類を準備しなくてはなりません。今日は、不動産の相続手続きで必要となる書類についてお話します。

    続きを読む
  7. 読んだら分かる!遺言書検認手続き

    相続・遺言相続が発生し、自筆証書遺言若しくは秘密証書遺言が発見された場合は、家庭裁判所で検認手続きを行う必要があります。今日は、遺言書の検認手続きの流れについてご説明いたします。

    続きを読む
  8. 公証役場はどんなところ?

    相続・遺言遺言を公正証書にする時は、公証役場に行く必要があります。公証役場は全国各地にありますが、あまり馴染みがない場所かと思います。今日は、公証役場についてご説明いたします。

    続きを読む
  9. 相続関係説明図とは?

    相続・遺言相続が起き、不動産の名義変更をするためには亡くなった方の戸籍や相続人の戸籍等を収集し、提出する必要があります。戸籍等と一緒に「相続関係説明図」を提出すると、戸籍等を還付してもらうことが出来ます。

    続きを読む
  10. 離婚時に離縁をしないとどうなる?!

    相続・遺言相続手続きを受任し、相続人調査を開始すると、思いもしなかった人が相続人となり、この人には財産を渡したくない!と争いに発展するケースがあります。思いもしなかった相続人とは、どんな人がいるでしょうか。今日は、具体例を元に、相続時の困りごとについてお話します。

    続きを読む
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!