の記事一覧

  1. 事業を特定の人に承継させたい時の対策とは

    相続・遺言事業を特定の人に承継させたい時の対策とは経営者にとって、事業承継は非常に重要な課題です。事業で使用している土地や建物が経営者個人の名義になっていたとすると、経営者が亡くなった時にその土地や建物の所有者は、原則配偶者や子供名義に変わります。

    続きを読む
  2. 一般社団法人の基金制度について

    会社法人設立今日は、一般社団法人の設立を考えられている方からよく相談される一般社団法人の基金制度について、ご説明いたします。

    続きを読む
  3. 一般社団法人の理事の任期は、伸長できる?

    会社法人設立今日は、一般社団法人の設立を考えられている方からよく相談される理事の任期について、ご説明いたします。一般社団法人の理事の任期、伸長できるのは何年まで?会社法人といっても、様々な形態があります。

    続きを読む
  4. 遺言執行者を辞任・変更することは出来る?

    相続・遺言相続手続きは、正式な「遺言書」があるかどうかで手続きの流れが変わってきます。遺言書が見つかり、遺言書の中で遺言執行者が指定されていた場合には、遺言執行者が遺言内容の執行をする必要があります。

    続きを読む
  5. 受取人指定なしの生命保険金は誰がもらえる?

    相続・遺言相続が起こると、いくつもの手続きが発生します。生命保険は、受取人が指定されていれば、その方が生命保険金を受け取ることとなります。

    続きを読む
  6. 韓国戸籍の翻訳で気を付けること

    帰化申請帰化申請をするためには、数多くの書類を収集する必要があります。その中でも、韓国戸籍の収集に苦労する方が多いかと思います。苦労して戸籍を収集したら、次は戸籍を翻訳する必要があります。今日は、韓国戸籍の翻訳について気を付けることをお話します。

    続きを読む
  7. 不動産の名義変更に期限はある?

    相続・遺言相続が起こると、いくつもの手続きが発生します。遺産をどう分けるか決まったら、相続手続きの一番最後に、不動産の名義を変更します。

    続きを読む
  8. 親が遺言を遺していたか確認する方法とは?

    相続・遺言相続手続きは、正式な「遺言書」があるかどうかで手続きの流れが変わってきます。では、家族が把握している以外に遺言書があるかを確認する方法はあるでしょうか。今日は、遺言書があるかどうかの確認方法について説明いたします。

    続きを読む
  9. 受遺者が先に亡くなった場合、遺言の効力は?

    相続・遺言遺言を遺していた場合、遺言者よりも先に財産を譲りたい人が亡くなってしまっていた場合は、遺言自体が無効になるのでしょうか?今日は、受遺者(財産を譲り受ける人)が先に亡くなっていた場合の遺言の効力について説明いたします。

    続きを読む
  10. 遺言者死亡後の遺言執行の流れ

    相続・遺言被相続人が遺言を遺していた場合、遺言の執行手続きが必要となります。遺言書内で、遺言を執行する人「遺言執行者」が指定されていれば、遺言執行者が遺言執行を行います。今日は、遺言執行の流れ(公正証書遺言の場合)について説明いたします。

    続きを読む
2019年7月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る 電話問い合わせはこちらから!